先日ちょっとニコマス系の人たちとお会いする機会がありまして、そこで話題に上ったのと、そういえば『聖戦と死神 第3部』のメイキングみたいなのって書いてないな・・・ってのを思い出したので、そこら2つを絡めて。

で、その先日お会いした方の一人がショコラさんだったりするんですが、翌日のブログに書いてらっしゃいますね。

ノベルとPVの融合

要約するなら・・・
「ストーリー色の強いPVって多いけど、ノベマスや架空戦記でPV的手法を使ってる動画って結構少ないよね。」
「ノベマスPがPV的手法を使うようになると、またそこで一つのブレイクスルーがある気がする」


公開日の日記にも書きましたが、『聖戦と死神 第3部』はまさにそこで、PV系Pがストーリーパートを作るとこうなるんだぜってのを見せたかったというのがあります。

ニコマスサンホラーではなく、ノベマス系のニコマスPに。



これの会話パートを評価してくれる人が多く、苦労した甲斐はあったな・・・と思う一方、実際作ってみると実はそれほどの手間は掛かってないんです。
やったことがないため準備に時間が掛かっただけで、実作業はあっという間だった・・・という所。

「これだけ合わせるには、素材録り大変だったでしょう?」
・・・と、よく言われます。

確かに大変でした。屋外コミュだと太陽光のエフェクトが邪魔で使えないし、ステージ衣装着てるコミュは少ない。

ImasNukeを使わせてもらったんですが、背景画との差分で背景を抜く仕組みなので、キャラの居ない背景が現れるコミュじゃないと使えない。

春香はよく転んでくれるから大抵背景画は取れるし私服なので手持ちの素材で済むかに見えたんですが、春香も真も白っぽい服なので、屋内コミュでも窓から光が差し込んでいたりすると服まで抜けちゃう。

結局、背景抜きが出来たコミュは、真が1本、春香が2本です。

春香は2本用意しましたが、2本目を使ったのは数秒です。胸に手を当てて頬を染めるところ(2回使ってます)と、ラストの笑顔。それ以外は1本目で事足りました。

あのコミュ、わずかそれだけの素材で出来てるんです。

スピード調整も、サンホラ楽曲の会話テンポに合わせるため全部90%に落として、時々早い動きの欲しいところだけ100%のまま使ってる。ただそれだけ。
あとは会話に合う動きや表情を、同じ姿勢になる所でつなぎ合わせただけです。


事務所とかを背景に、ノベルゲームっぽく止め絵で表情変えていくのを組むのは悪いとは言いません。定番のスタイルで、なじみやすいですよね。

でも、せっかく活き活きと動く素材があるんですもの。
せっかくそれぞれのキャラクターがそれぞれ特有の動きをしてくれるんですもの。

アイマスを題材にした映像作品つくるなら、アイマスならではの物を残したいと思いませんか?
正直私も驚きました。わずか1本のコミュで、アイドル達はこんなに多彩な表情を見せてくれていたことに。

例えばこうやってPV的手法でアイドラの動画とノベマスPのストーリーが融合したら・・・
新しい衣装や楽曲の配信が終わっちゃった箱マスですが、まだまだ眠ってる『金脈』は多いんじゃないかな。


以上、僭越ながら一PV系ニコマスPからのご提案でした。
2009.10.26 Mon l ニコマス全般 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
挑戦状とは・・・musePやるなぁw
ノベマス+PVの融合はまだまだ可能性ありますよね。
今ならコロンブスの卵的な発想で凄い事が出来そうだ。


というわけで・・・
先日はお疲れさまでした!
色々と有意義なお話聞けて楽しかったです。
岩牡蠣春香が品切れだったのが残念・・・w
春香にむしゃぶりつくmusePが見たかったぜ(´-`)
2009.10.27 Tue l ショコラ. URL l 編集
No title
表現としてちょっと過激かなとは思いましたが、これ見て、意外に単純に出来てる事知って「面白そうだからやってみよう」となってくれれば良いかなぁ・・・と。

一度やってもらえると、その中でPV系Pには思いつかない何かを見つけてくれる気がします。


岩牡蠣春香って、もしかして知っててあのお店に入りました?w
2009.10.29 Thu l museP. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/94-8cbd9c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)