続きです。

前回は手順だけで終わってしまったので、今回は動画作成中に意識してることなどをご紹介します。


■卑下しない。
どんな創作物も、作り手に愛されて生まれてきた作品はそれだけで魅力を放ちます。
例えボロッカスにコメントされようが、他の作品と比べて地味であろうが、自分だけはこの作品を好きでいよう・・・そんな覚悟も必要です。
作者コメでもそうです。見て、楽しんでもらいたい!何かを感じて欲しい!そう思うのなら、ネガティブなコメントは厳禁です。

■思い上がらない
作った作品の数だけ技術も上がります。完成した作品を見て『自分史上最高傑作』とは絶対思わないこと。完成が近づいたらもう次作の構想を練っていて、アップする頃には自分の中で『既に過去の作品』と思っているくらいでちょうど良い。
再生数伸びなくても、酷評されても「俺には次の作品がある」と思えますし。

■使う勇気
途中で他人に見てもらい、意見をもらったら、例え「そこはワザとそうしたんだけどな・・・」って部分でも直して見てみることって、結構大事です。作者は意図がわかっているからそれでOKと思っているけど、それが伝わってないから指摘されたって可能性は高いです。
あと、ニコマスを見てる人ってかなり鋭い目の持ち主が多いので、作者が「ここは直した方が良いよなぁ・・・でも面倒だし、まいっか」と思ったところはかなり高い確率で指摘されますよw。

■捨てる勇気
コレは良いものが出来た!とか、コレは苦労したぜ・・・って演出やエフェクトが出来たとします。でも、全体流したらなんか合わない・・・と思ったら捨ててしまう勇気を持ちましょう。
そのシーンは無駄になっても、そのシーンをモノにした技術はいつか活きます。

■ドライな目
ホンの小さな違和感も、その原因探って潰してみると何かが見えてくるかもしれません。
人間の感覚って結構すごくて、ホンの小さな違和感が積み重なって『悪くはないんだけど、どことは言えないけどなんかすっきりしない』という評価をされてしまいがちです。

■完成度は9割ちょいで
ワザと手を抜く・・・ってワケじゃないですが・・・うーん、上手く言えないのでサンホラ主宰のRevo氏の言葉を借ります。

100%納得できるものじゃなかったとしても、やるだけやって残った悔しさは次回作への情熱として燃やそうと。
たとえば作品の完成度が90%まで辿り着いたとして、さらに妥協せず追求して95%、次は96%、次は97%・・・ついに99%!って所まで来たとして。するとそこから先は100%ではなく、99.1%、いや99.01%の追求という世界になってくると思うんです。だんだん求めるものが細かくなっていく。100%を求めるなら10年やっても辿り着かないかもしれない。


自分の動画見ながら、数カ所「ここはこう出来たな」とか「やっぱここは直した方が良かった」とか思えるくらいでちょうど良いと思います。
『使う勇気』とちょっと矛盾しますが、それに時間掛ける位なら今回は諦めて、次回作もっと良い物にしよう・・・って、やり残しさえエネルギーに変える感じで。



細かいことまで詰めろと言ってみたり、細かいことは気にするな的な考えを持ってみたり、背反する所も多いんですが、要するにプロじゃないんだから物事は全部ポジティブに捉えて、楽しくやれればそれでOKではないかと。



一球入魂なPも居るかもしれないし、それはその人の生き方・考え方なので否定はしません。

でも、私はこんな感じで細く長く続けて行けたらなぁと思っています。
2009.10.08 Thu l 自作について。 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
使う勇気、捨てる勇気・・・ですか。なるほど・・・。

musePが動画を作る際の準備や気持ちの持ちよう、
大事なことはちゃんとおさえているって感じで、すごいです。

「コレは良いものが出来た!とか、コレは苦労したぜ・・・って演出やエフェクトが出来たとします。
でも、全体流したらなんか合わない・・・と思ったら
捨ててしまう勇気を持ちましょう。」
これが特に、動画を作るPにとって、特にキツイことなんでは~と思います。たぶん。
一度もMADを作ったことが無い私が言えたことじゃないですが・・・w
やっぱり、動画を作る際、少なからず自分がプロで
あるような錯覚が起きてしまうことってあると思うんです。
「自分、今凄いことしてるんじゃね?」みたいな。
それに、気に入っている物なら尚更、『捨てる』という行為は気分的にもキツイです。

でも、それでも結局は、『素人』なんですよね。
(中には本業の方も居るかもしれませんが)
プロの様に出来ることもあるかもしれないけれど、
『素人』という枠の中からは出られない。
・・・えっと、つまり・・・真剣にやるのも大事で、
気楽にやるのも大事で、バランスが難しいです!
・・・ってこと・・・ですね。きっと。

musePも、これからも楽しく、生活に支障がきたさない程度で、
動画作りをちょいちょいやっていってください。
止める時は止めるで、それでいいんです。
無理せず無茶せずで、出来る範囲で頑張ってください。
私はそれを応援することしか出来ませんので・・・w
2009.10.09 Fri l アイ. URL l 編集
No title
何というか、自分なりにこだわりを持つのはとても大切だけど、プロじゃ無いんだから素直に楽しめない所まで自分を追い込む必要もないって所ですかね。


捨てる勇気ですが、確かに難しい事なのかもしれません。『捨てる』って表現がちょっとキツかったかもですが。

これはファッションなんかでも同じなのかもしれませんが、苦労して買った高級ブランドのアクセサリーは出来るだけ付けて居たい物だけど、メインとなる服やTPOによっては相応しくない場合もある。
そんな時は大事に仕舞っておけば良いんです。そのアクセサリーは、一度手に入れた以上あなたの物。ここぞって時に出してくれば良いんだから・・・。

「自分、今凄いことしてるんじゃね?」みたいなの、私も時々ありますよw
どの動画にも「この演出は絶対コメント付く!」みたいな自信満々のシーンがあったんですが、まー、所詮私みたいな素人の考えること、やっぱり大抵スルーされてます

初めてほぼ計算通りの反応もらえたのが『Stand by Me』の春香のうれし泣きかなぁ。
2009.10.11 Sun l muse. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/89-b2512f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)