なんかエラそうなタイトルで始めてしまいましたが、技術的な話ではなく、手順と心構え的な話。

私の場合、ダンスシンクロを一番重要視してる事もあって、ほとんどの場合曲から決めます。
この曲なら作業中に何百回聴くことになっても大丈夫って位気に入ってる曲の中から、テンポがアイマスに存在するのダンスで無理なく合わせられそうな物。

で、曲が決まったら、ひたすら聴く。何回も聴く。

私の職場はポータブルオーディオを持ち込んで音楽聴いてる人が多いんですが、私もご多分に漏れず持ち込んでます。

そして、机に向かって真面目に仕事してるフリをしつつ、『ネタ帳』に思いついた演出をメモって行きます。
DSC01287.jpg
自分だけ解ればいいレベルの走り書きですが、後で見直したときに時々自分でも何を意味する単語なのか解らなくなるときがあります(ぉぃ)

数日やってると、同じシーンでも何通りか演出を思いついたりします。

ストーリー仕立てにしたいときは、ここで思いついた特にやってみたいシーンを中心に考えていくことが多いですね。
たとえば『Stand by Me』だと、メールを送ってうれし泣きの春香と再会するシーンが一番にありました。

この作業ですが、制作中に何度かやることになります。途中でネタに困ったときとか、何か入れたいんだけど思いつかないときとか、最初に思いついたシーンを作ってみたらイマイチだったときとか。


この『ネタ帳』が絵コンテ代わりなので、私は特に絵コンテとか描いたりはしていません。
作りたいシーンが出そろったところで実際使うシーンを順を追って書き出すってことはするので、ラフな文字の絵コンテっぽい物は色々出来てきますけど。


さてさて、この辺の演出が決まってくるまで何もしないという訳にもいかないので、曲が決まって使えるダンスをピックアップしたら、とりあえずオートで一通りキャプって、『シンクロノミ』状態で動画を組み始めてしまいます。

私はダンスシンクロの優先順位が高いので「ここでこの動き入れたい」と思っても、ダンスの拍と曲の拍が合ってこない場合はあっさり切り捨て、別のモーションを割り当てる事も多いですね。
で、だいたい動きが決まってきたらどういうカメラワークにしたいか考えて、必要なアングルをリストアップし、L4U使ってひたすらキャプる。

んで、思いついた演出をここに乗っけていく感じ。


そして1日の作業の終わりには、書き出ししてH.264へエンコード掛けてから寝ます。

そして朝起きたら、エンコしておいた動画を、まぁ非公開設定でも自分専用のコミュ作ってでも良いので、アップしちゃいます。オススメは、自分とアドバイスをもらいたいごく親しい友人だけを招待したクローズドコミュ作って、コミュ専用設定で投稿するパターン。

朝なら空いてるのでサクサクアップできます。一人暮らしなら朝飯準備してる間に十分終わります。

そしたら朝飯食いながら、ひげそりながら、着替えながら、とにかく出かけるまでエンドレスリピート。
気になったところをコメントで残してから出かけます。もしアドバイスもらえるような友人が居るのなら、それも期待します。


帰ってきたらニコニコにアップした動画を見ながら本日の作業箇所の確認。新しい演出作ったり、アップした動画で気になる所を直したり・・・ですね。


こんなサイクルを繰り返して、musePの作品作りは進んでいくのです。


・・・ちょっと書き漏らした部分もあるけど、長くなったのでまた後日まとめます。
2009.10.06 Tue l 自作について。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/88-e4acb60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)