ちょっと前の日記にも書きましたが、私はアイマスのために買ったXbox360の前は、PS2を買った弟から、グランツーリスモとエースコンバットのためだけに譲り受けたPSしか持っていなかったくらい、ゲームには疎い方です。

他にはPCゲームもやってましたが、所謂泣きゲーというか、葉鍵系というか、タクティクスとKey作品だけ。
『ONE』とか『Kanon』とか『AIR』ですね。『CLANNAD』は途中で止まってて、だから『智代アフター』は開封しただけで、『リトバス』は未開封。
里村茜が私の萌えキャラの原点です。そして一番のお気に入り作品は『Planetarian?ちいさなほしのゆめ?』。

そんな私がアイマスに興味を持ったのは、『ONE』にはまっていた頃お気に入りとなった同人作家さん・・・藤枝雅さんの影響だったりします。

こんな感じの柔らかく可愛らしい絵を描かれるお方。最近は色々商業誌でも活躍されていて、アイマスのアンソロジーにも出てらっしゃいますね。

飴色紅茶館歓談 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)飴色紅茶館歓談 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/07/25)
藤枝 雅

商品詳細を見る


アイドルマスターアンソロジーコミック (FOX comics)アイドルマスターアンソロジーコミック (FOX comics)
(2006/03)
不明

商品詳細を見る


この藤枝雅さん。私の原点である里村茜をそれはもう死人が出るくらい可愛く描くお方で一発でファンになり、当時の同人誌を片っ端から買い集めたほど。

それ以来追っかけていたんですが、ある時からHPなどで『アイマス』とかゆーゲームの話題がちょこちょこ出るようになって、それを元ネタにした同人誌まで出すようになりました。

一ファンとしては、この人がそこまではまるゲームってなんぞ? と興味が湧くわけで、色々ググって調べました。

当時の私の結論:ゲームシステムとしては面白そうだけど、こんなアーケードゲームってアリなのか!?


そもそもゲームにそれほど興味を持ってなかったのでゲーセンへ行くという事だけでもちょっとハードルなのに、こんなゲームを公衆の面前でってどんな羞恥プレイやねん!

・・・と、まぁ2ヶ月くらいは悩んだ気がします。でも、割と近場に設置店舗があったのと、好奇心の方がが勝ちはじめて、遂に会社帰りにゲーセンへ行ってしまいました。

行ったは良いけど、やっぱりなんか抵抗があって、近所なのは良いけど逆にプレイ中に知り合いとかが来ちゃったらどうしよう・・・と、無難なレースゲームとかクレーンゲームとかやって、1時間近く悩んでた記憶が・・・。
そうそう、ちょうど初回無料キャンペーンとかやってたタイミングだったんですが、店員さんに声を掛ける位なら金突っ込んでコソコソやってやる!位には抵抗ありましたw

でも、稼働開始から1年近く経って情報が出そろっていたことと、悩んでいた数ヶ月間に色々調べていたおかげで、初心者が引っかかりがちな部分に引っかかることなく、3度目のプレイくらいで「これは面白い。ずっと続けでみよう」と思ってる自分がいました。

今でもふと、アケ版のあの緊張感を味わいたくなる時、ありますし。


そんなのが、私とアイマスの出会いでした。


うーん、結局何が言いたいかというと・・・

なんというか、自分の好みに合う作品を作ってくれる人って、つまり感性とかに近い部分があるって事じゃないですか。だから、その人が気に入ったモノは自分にとっても良いモノである事って少なくないと思うんですよ。
「あ、この作品良いな」と思ったら、それを作った人のことまでちょっと調べてみると、新しい世界が開けることもあるんじゃないかな・・・と、私は思います。

ガミPは元々ゲームとは関係ないTVとかの映像系の仕事をしていたそうですが、そんなガミP率いるチームが作ったアイマスが、こうしてニコニコで新たな映像クリエイターを生み出しているって現象も面白いじゃないですか。
2009.09.24 Thu l アイマス l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

デビュー時を振り返れば
こちらでははじめまして。
我輩もXbox360はアイマスのためだけに買いました。
そういえばPSはグランツーリスモのために買いましたけど、何時の間にか「ときめきメモリアル」まで手を出し、そのときメモからアイマスに至りPデビューしたクチですよ。
年季の入ったプロデューサー仲間は元ときメモラーがどれだけいることやら…貴方は関係なさそうなので詳細は割愛します。

我輩のアケマスデビューは以前岐阜県中濃地区にあった某ゲーセンでしたが、筐体やカードが「ドラゴンクロニクル」からの転用だったため面食らった苦い思い出があります…しかしそれでも多くのゲーム仲間が出来てワイワイやってましたよ。
所謂ギャルゲーに抵抗ある方の場合、ゲーセンでアイマスというのはキツイと思いますが…それをいうと「ときめきメモリアル対戦ぱずるだま」に散々はまっていた自分は冷や汗モノですよ(自爆)
アケマスの緊張感はすっかり慣れましたねぇ。1年でランクSユニットを量産し、2年でようやくアイマス称号を得ることが出来ましたので。
生憎自分の住んでいる圏内のアケマス設置店舗はすべて閉店しちゃいましたが(TT)今でもプレイしたくなりますね。

長くなりましたが、やはり自分の感性に合うのがアイマスだったのかと、このブログを見て思いました。
ではでは。
2015.09.23 Wed l ヒラタツ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/86-5daef4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)