上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『じっ語』。締めとなる爽快Pの総括記事が上がってきたので、返答というか感想というかをつらつらと書いてみます。

アイドルのそのままの魅力を伝えることの難しさ・面白さ

うーん、的確すぎて表だって感想書きにくいなぁ・・・ってのが本音ですw


上手い例えでは無いかもしれませんが、今回の作品はシンプルな握り寿司として完結していたんだな・・・と。

近所の洒落た洋食屋や派手な看板で目を惹く中華料理屋の厨房を見た板前(=私)だけが、包丁だけで料理作ってる自分は手抜きじゃないのか。もっと、創作料理とか満漢全席とかやった方がいいのかなぁ?と自問自答していた、と。

民家の玄関に暖簾をつるしただけの様な地味な店だけど、来てくれた人はみんな満足して帰ってくれた。

・・・そうですね、一見さんや飛び込み客は狙いにくいけど、来てくれた人は必ず満足させる寿司屋になれれば良いな・・・なんて。


そして、私の本音。

なんでこう見事に当てられるかなぁw

なんか恥ずかしいので具体名は出さなかったんですが、返答記事でも時々それとなく登場しているあるP。制作時もいろんな所でそのPを意識していて、春香の誕生日だけあってやっぱり作品出してきて、再生数で及ばなかった・・・。
絶対的な再生数は満足すべき数字(週マスにだってランクインできたんだし)だと思ってるんですが、相対的に大きな差が付いたことに不満・・・というか、もっと何かできたんじゃないかという自分への後悔みたいな物かな。それが大きいんです。

でも、私は基本的に楽観的で負けず嫌いな性格なので、こういう「いつか絶対超えてやる」っていう春香Pが多ければ多いほど次回作への熱意に繋がる面も多かったりしますw


そしてどこにターゲットを絞るかというお話。

前作『Be Myself』や、実質的な処女作『恋の色』なんかは、確かに?位の人を狙っていました。特に『恋の色』は当時の黒春香ブームに真っ向から対抗するため、ニコマスから入って春香のことを勘違いしてる人を再教育してやる!位の勢いで作りましたもん。

そして『10th annyversary』は、言われてみれば実質的に?狙い。自分で作者コメに書いてますもんね。

全ての春香に「おめでとう」と「ありがとう」を言わせてください。
春香を愛している全ての方にも「おめでとう」と「ありがとう」を。


今回みたいな『迷い』を捨てて、春香を愛して止まない人だけに届ける動画って、さてどんな物が生まれるのか自分自身楽しみです。


作品スタイルについて。

FF的手法ではなくてドラクエ的手法・・・なるほど。私はFFは7だけ、ドラクエは3だけしかやってないので認識にズレがあるかもしれませんが、でも解りやすい例えですね。

アイマスってゲーム自体、エンディングが数種類に決められてる以外は、特にストーリーがあるわけじゃないじゃないですか。
特にアケ版からやってる人はそうだと思いますけど、ある時の春香はメールをよくくれてブーストメールで快進撃できたかと思えば、今度の春香の時はリアル仕事が忙しくて深夜にゲーセン行って閉店までのわずかな時間で1クレジットずつ地道に進めたとか、それぞれに物語があると思うんですよ。

それをとにかく尊重したかった・・・ただ、それだけ。Pの数だけ・・・いや、Pがプロデュースした数だけ、春香は居るんですから。



さてさて。なかなかの長期間にわたりありがとうございました。
語り手の皆さんがこっちが申し訳なくなるくらいに本気で記事を書いてくださったのでこちらも全力で応戦させて頂きましたが、それを総括する爽快Pのご苦労を思うともうちょっときっちりしたまとめ記事を書いておけば良かったかな・・・と思ってみたり。

なにはともあれ、ありがとうございました!
2009.06.30 Tue l じっ語 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
既に皆の語りとmusePの総括が上がった後での記事なので,後出しじゃんけんなのです.
記事では総括という形をとっていますけど,musePの皆への返答のエッセンスを抽出しただけですよ.
むしろ的確じゃないとダメなのですw

あまりバッサリ切るような語り記事が無かったようなので,敢えてバッサリいってみました.
気を悪くされたようなら申し訳ないですけど,せっかくの「じっ語」ですし,許してもらえるだろうw
皆とは違う視点で作品を見てみるというのが,僕のじっ語のスタンスなので,こういう見方もあるんだと知ってもらえれば幸いです.

いくら客観的な数値がどうであれ「悔しいものは悔しい」ですよね.
その人間臭さみたいなものが見れたのが僕には少し嬉しかったです.
「愛さえあればいいんだ」という風潮に水をさすつもりは更々無いけれど,動画制作というエゴが入る以上は気にしちゃいますよね.
「museP以外にmuseDがいる」という視点は,非常に興味深かったし,納得できました.

僕は②の人間です.
でも「じっ語」という場でこの動画を見て,春香の魅力は確実に増しました.
僕の中にももちろん春香像があって,その像が新たな光を持った気がします.
もちろん誕生祭当日にも動画を見たけれど,そのときよりも,より一層.
改めて動画を楽しむ機会を与えてくれたことに感謝です.

そしてmusePのファンにもなりました.
次からの作品も楽しませてもらいますね.
この企画に参加したことが,musePにとって何かしらを得るきっかけになってもらえたら最高に嬉しいです.
お互い,立ち位置やスタンスはかなり違う部分がありますけど,これからもニコマス・アイマスを楽しんでいきましょうね.
2009.07.02 Thu l RDG(爽快). URL l 編集
No title
完璧に斬られるつもりで応募したので、バッサリ来てもらえたのはむしろ本望です。

今も新作作ってるんですが、museD前から構想していたシーンを作ってみたんですが、musePが「邪魔」の一言であっさりボツの決断を下した所ですw
演出って奥が深いや。

もちろん技術的な面はまだまだ修行中の身で、身につけるべき事はたくさんあるんですが、技術に溺れることなく、皆さんから支持されてるmusePの作風は失わずに居たいですね。
今まではmuseDとして進化したいという気持ちが強くて、自分の作品がどういう受け取られ方をしているのかほとんど意識したことがありませんでした。
これが今回最大の収穫かも。

今後のニコマスの発展を祈って!
2009.07.05 Sun l muse. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/61-7826a143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。