上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://gregor.blog63.fc2.com/blog-entry-287.html

>おそらく私は、一般大多数の人と、同じ出会いをたどったはずですw

>そんな中にあって、「あっ、なんか、かわいいかも」
>一目見て、凄さがわかるわけじゃないんだけど、
>「爽やかな春香さんかわいいかも」と思わされたのでした。


そうですね・・・MSC3は、自分自身「エフェクト全盛のこのご時世、昔ながらのMAD・PVに需要はあるのか?」と言うのを確かめたくて参加した面があありました。
あの豪華な作品群の中で目を止めてもらうことが出来た・・・それだけで幸せです。


>そうは言っても、相応の、エフェクトは凝らされていると思います。
>着替え・背景・アップの重ね等々、マイク持ったりw


実は技術的には初歩的な、割と簡単な機能の組み合わせだけで出来てたりします。
他の人の『エフェクト』に比べると地味で目新しさもないもの何じゃないかと、いつもビクビクしている一面があったりして・・・。

>あれ、なんていうんでしたっけ?お弁当に入ってる、緑のギザギザのやつ。
>あれって、食べられないから、いらないっちゃあいらないじゃないですか。
>でも、見た目にあった方がいい。
>「本当に見せたいのは、春香のダンス!」ではあっても、
>物語を想起させる背景や、楽しさを演出する小道具があると、
>見る方の敷居はずいぶんと下がります。


私は、春香をそれほど意識してない人でも最後まで飽きさせない程度の演出を加えるというのを一つの基準にしています。最後まで見てもらって、あわよくば春香の魅力のトリコにさせてしまおうとw
そのためには、やっぱり最低限の演出はあった方が良いのかも。

うん、見てくれた方がそう思うなら、きっとそうなんでしょう。

>初見で見たとき、見始めは、曲調に対してダンスが速いかなと思いました。

>わりとのんびりとした曲調なのに、ちょっと春香さんがバタバタしてるかなと。

>なんとも、あやふやな印象ですが、「初見の印象」というのも大切かと思いますので、
ご報告まで。


その通です。
実はこの曲、わりとのんびりした曲調に思えて、アイマス楽曲で一番アップテンポな『GO MY WAY!』よりも速い曲なんです。
自分自身、のんびりした曲調だし作りやすそうだな・・・と思って作成に入ったんですが、いざダンスシンクロを始めるとなんだかとんでもないことに・・・。
なるべく早回しっぽく見せない努力はしましたが、もっと速い曲でも自然に合わせてる作品もありますし、技術不足だったとしか言いようがありません。

>ぴょこぴょこと揺れる後ろ髪w

>「うわっ!春香さんの後ろ髪がかわいいっ!」って思ったのは初めてでしたw


アイマスのアイドル達って、髪の動きもみんな個性があるんですよね。
後ろ髪の動きも思わず触ってみたくなるくらいとっても可愛いんですけど、春香って前髪の動きも魅力的です。雪歩のさらさら前髪とはまた違い、動きに合わせてひらひら翻る感じで、スッと速く動いたときに前髪のスキマからおでこが見える所なんかとってもチャーミング。大きく動いたときにサイドの髪の間から耳が・・・

・・・この辺語らせるととんでもなく長くなるのでこの辺にしましょうw

>なぜこんなにもかわいいと思うのか
>
>わかりません……わからないのです……。


dbdbPも書いてましたが、私にもよくわかんないんですw
とにかく春香がとても魅力的で、愛して止まないことは解っています。でもどこが?どうして?と聞かれるとよく分からないor全部としか言葉に出来ません・・・。

>「十年連れ添った連れの、新しい魅力に、今日気づいた!」

私も未だにありますよ。他のPの春香作品を見ていて、新しい春香の魅力に気付くこと。
ニコマスという舞台で、同じアイドルを愛す動画作者同士・・・。そんなときは嫉妬とライバル心から「次は自分がもっと魅力的な春香で魅せてやる!」って気持ちになります。


>辛いEndingを迎えてから、10年。いえ、9年ですね。

>あのときの判断は、正しいものであったと、二人とも確信してる。

>私達の知らない9年間も、二人にとっては、大切なものだったのでしょう。
>それを見ることはできませんが、それを感じることはできます。


私は春香のエンディングが一番好です。
たくさんの人に歌を届けたいと願い、その夢を叶え始めたばかりのまだ16歳の少女が、こんな所で将来を決めるのは絶対間違ってる。春香の気持ちは真剣で、辛い別れなのは間違いない。けど、あの別れは間違いでもなんでもない。二人の夢のためには必要な別れのはず。

スタートは間違いなくあの別れなんです。

そしてこの動画では、『全ての』春香に「おめでとう」と「ありがとう」を伝えたかった。
どうしても私の春香像が多めで、描き出したのは確かに私なりの理想像の一つではありますが、そこへ至る道はなるべく描かないようにしたつもり。

・・・空白の時間に思いを馳せてもらえたなら。
そして願わくばそこにそれぞれの春香との道を描き出してもらえたなら、それが一番幸せです。

>「色のついていない、“ありのままの”春香の魅力を確信していて、
>その良さをみんなに知ってもらいたいと思っている。痛切に思っている」


・・・それなんてmuseP?www
春香はなんにもしなくても魅力的なんです。それを少しでも多くの人に気付いて欲しい。私がニコマスで春香をプロデュースするのは、それを少しでも多くの人に気付いてもらいたいからなんです。


>私にとっては、閣下も、白春香も黒春香も黄春香も、
>熊猫春香も熊春香も……ホメ春香もw
>たくさんのPが教えてくれた、等しく愛すべき春香さんなのです。


同感です。
アケ版の頃の不遇な扱いを思うと、今、春香がたくさんの人たちに愛されているのを見られるのは、春香のプロデューサーとしてとても幸せなこと。今まで見向きしなかった人に、そこに春香がいることを強烈に印象づけたいろいろなPのいろいろな春香たち。そんなたくさんの春香が居るからこそ、春香を見てくれる人が増え、魅力に気付く人たちがどんどん出てきた。

私自身、不人気の反動のような黒春香ブームに堪りかねて「そうじゃないだろ!」とニコマスPデビューしてしまった経緯があります。作風から正反対に思われがちですが、黒春香がブームが無ければニコマスにmusePの春香が現れることは無かったんです。

だからこそ、全ての春香に「おめでとう」と「ありがとう」だったんです。


>これからも、musePが思い描く春香を見せてください。
>musePが見せてくれる春香が、私は好きです。
>それだけは、自信を持って言えます。


涙が出るほど嬉しい言葉です。ありがとうございます。
愛されるって、こんなに嬉しいことなんですね。この気持ちを私の春香にもっともとお与えてあげたいから、ブレずに春香と向かい合ってみようと思います。
2009.06.15 Mon l じっ語 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

ありがとうございました!
ご返答ありがとうございました!

> MSC3
エントリ作とは違うので、ルール違反かとは思ったのですが、
あのときの興奮を伝えたくて、どうしても書いてしまいました。
周りと比べてどうとか、凄いとか凄くないとか、投票のことすら忘れて、
ただ、「春香さんかわいい」と、見る者の頭の中を、
その事実だけに塗り替えたと思います。

> 春香をそれほど意識してない人でも最後まで飽きさせない程度の演出
はい!そういうことを、言いたかったのですw
(作り手の方に言わせてどうするw)

本作、「春香のことをあまり知らない」人も、楽しく見れると思うのです。
「春香の真の魅力を伝えるためには、ダンスシーンのみ。他は余計!」
というのは、その信念は素晴らしいと思うのですが、
それではどうしても「春香を良く知っている人」じゃないと、
なかなか最後まで見れないと思うのです。
逆に、エフェクトが凄すぎると「SUGEEEEE」になってしまって、
それはそれでいいのですが、「春香を好きになるか」というのとは、
また、違ってきてしまいます。
musePの春香作品は、春香さんの魅力の邪魔にならず、
引き立てる程度にしてあるのが、効果的なんだと思います。

> 春香の前髪
しまった! 前髪については、あまり意識したことがなかった!w
さすがです。私には気づけていない、春香の魅力はまだまだあるのですね。
春香、恐ろしい子っ!w

> 春香のエンディング
「あのときの別れは、正しい選択だったんだ」というのは、
見ていて、とても伝わりました。
だからこそ、見る方は、自然と、空白の時間を思い描くと思います。
私は、「見た後に自然と、映像にはないシーンが思い浮かんでくる」
という作品が好きです。だから本作も、好きなんだと思います。

> 黒春香ブーム
私は、一ニコマスファンとして、「黒春香を担いだ自分」というところに、
ちくりとした罪悪感を感じることがあるのです。
(愚民となって、orzを書きまくったりまでは、していませんがw)
ですので、他ならぬ“素の春香と言えば”のmusePに、
「全ての春香に」と言ってもらえて、許されたような気分にすら、なったのです。

> musePが見せてくれる春香
ほんとうは、「musePは本当の春香の魅力を引き出している!」と、
自信を持って書ける人だけが、こういう語りの場に
文を寄せるべきかもしれない、とも思ったのです。
ですが、どうしても伝えたかったのです。
私のように、本当の春香を知らない人達。
黒春香を担いだ人であったり、そもそも春香を良く知らない人であったり。
そんな人達も今や、「musePの春香が好きだ!」と思っているに違いないと。
本作を見るたびに、私はそれを確信するのです。

春香を、こんなにもかわいいと思えたこと、愛しいと思えたこと、
そのことに、深く感謝しております。
こちらこそ、本当に、ありがとうございました。

これからも、愛しい春香を、楽しみにしております!
2009.06.17 Wed l グレゴール. URL l 編集
No title
春香は、上半身だけで半日語れますねw

ネタバレじゃないですけど、可愛いところを見つけてあげるのもまた楽しみの一つでもあるので、あまり多くは語らないことにしますw

しかし・・・ここまで気に入って頂いて、本当に嬉しいです。そして、春香を前よりも好きになってくれてありがとうございます。
そうですね、こうやって春香の魅力をもっとたくさんの人に伝えて行けたらいいな、と思います。

これからも、よろしくお願いしますね。
2009.06.17 Wed l muse. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/52-33805ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。