上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
と、言うわけで聖戦と死神の知られざる裏話《Roman》第2部です。

第1部公開から完結まで2年2ヶ月も掛かってしまったわけですが、実際に製作に着手したのは2008年の2月後半。製作期間で言うと2年8ヶ月にもなります。

誕生日とかクリスマスとか合作とか、明確に締め切りが決まっている作品が入ってくると、特に締め切りがない『聖戦と死神』は後回しにされがちだった・・・というのが最大の要因です。

第4部にしても、作業開始は正月休み明けすぐ、1月6日には最初のファイルが存在していたんですが、だいたい1本の作品作るのに2ヶ月くらい掛かるのが私のペースなので、2月頭には春香の誕生日動画に取りかかり、そのまま『@r_tonelico』に入ってしまい、結局じまんぐの誕生日にまでなってしまいました。


ただ、本当に純粋に時間が掛かったのもあります。

それが第3部


おそらく第2部と第3部が画質などの差が一番明確だと思いますが、『Be Myself』から中古部品を組合わせた、『第1部』『第2部』を作っていた旧マシンよりは少しハイスペックなマシンとHD対応のキャプボに変わり、さらに『Moir@』の最後の方でマザーボードやCPUを新調し、その時昔から愛用していた一部ソフトがマルチスレッドのCPUと相性が良くないみたいで不具合を連発したため、一部新調。

そのため『第2部』と『第3部』の間には、システム的に深い溝が出来てしまい、ソフト的にも画質的にも過去の素材を引き継ぐ事が難しくなってしまったのです。
オマケにダンスシンクロメインでやってきた人間なので、あの演出をモノにするまでにまた時間が掛かったりして・・・。

さらに言うと、実は作りやすい第2部まで作ってそのまま作り逃げする気満々だったというのも少しw


でも、まあ色々考えを改めて、『Moir@』の頃にはなんとか作りきろうと思ったわけです。

で、その時に決意表明代わりに作ったのがこの予告編。

見れば解ると思いますが、ぶっちゃけ第3部分は完全に作り直してます。
第4部分にしても、3DCG素材はそのまま使ってるのでよく似たシーンに見えますが、結局作り直してますね。

回廊

間違い探しではありませんが、『Moir@』の時とはローザの衣装が違いますし、実は当時はこうやって合成したときに影を生成させる方法を編み出していなかったので、影がなかったんです。

SC大鐘堂

その辺の技術を掴んだのが『Wonder Network』で、実用化したのが『@r_tonelico』。

『Moir@』の時も3DCGとの合成はやっていたんですが、あのころは半透明黒のもやもやした画像を2Dで重ね、キーフレーム打ちまくりでキャラの動きに合わせるとゆー完全な力業でだったので、今やってる手法とは全く違うのです。手間も掛かるし、大きな動きされると対応出来なかった。


・・・比較的短期間で作られたのと、曲の勢いに助けられたのもあって、変な苦労が無かったのが『第1部』と『第2部』。
『第3部』と『第4部』は、(自分で言うのも何ですが)時間があきはしたものの、その間に手に入れた技術があったからこそ完成出来た作品何じゃないかな・・・と思います。
2010.10.20 Wed l 自作について。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/144-7152a93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。