ハルカニ初日、お疲れ様でしたー。
いやぁ、楽しかったですね。盛り上がったー。去年出られなかったのが本当に悔しいなw

と、言うわけで少し詳しく解説させて頂きましょう。


実はこの曲、『@r_tonelico』では元々私の担当ではなかったんです。曲が気に入っていたので希望は出していましたが、ゲーム本編には使われないし、せっかくの合作だから普段のmusePなら選ばない曲をやろうと決めていたので、第三希望にしていました。
でも、小羊Pのブログに詳細ありますが、色々あって私が担当する事になりました。

去年は別のイベント向けに動画を作っていてハルカニは諦めたのにそのイベントがポシャって、しかもあんな事があったので、今年のハルカニは結構本気で、実は春香の誕生日より前から下準備を始めていました。

・・・まぁ、それは全然別の曲だったりするんですけどねw

途中で『焔』の担当になった時点では焔とその曲の2本立てで行くつもりだったんですが、合作とリアル多忙が重なってしまい、気付いたら『焔』をハルカニ向けに仕上げる時間しか残されておらず、音声mixのテスト中だったもう1曲は諦める事にしました。


全体の成り立ちとしては、まずシンクロのみバージョンがあって、それに少々エフェクトを乗っけたのがCM用として存在し、そこからカメラワークを煮詰め、シーンを作り込んだのがこの『ハルカニバージョン』になります。
・・・実はもう1バージョン存在するんですが、それはまた後日こっそり公開する事にします。


で、全体のコンセプトとしては春香と瑠珈と霜月はるかさんの共演ですね。
・・・まんまやんw

アルトネリコ2を知らない人には意味不明かもしれませんが、アルトネリコ2のヒロイン・瑠珈の夢は歌手になる事。ゲーム中ではその夢は叶う事はないんですが、エンディングの後、引っ越しも終わって平和になったメタファリカの大地でなら、『焔の御子』となった瑠珈にもステージで歌うチャンスはあるんじゃないかな、と。民衆もきっと聴きたがるだろうし。
ハルカニのレギュレーションである野外ステージに、さらにメタファリカ特設ステージのイメージを重ね、春香の姿に瑠珈を見ながら作り上げました。

間奏からのエフェクトシーンは一つの見所。バックが赤に染まりシルエットが浮かび上がるのは、実はアイマスの5th Anniversaryライブでそういう照明効果を使ってる所があって、真似してみましたw
で、謎の文字列(ヒュムノスという、作中で使われる架空言語)ですが、実はカットした2番の歌詞になっていたりします。


あと、個人的に新しい所と言うと、ステージシーンそのものにエフェクトを掛けまくったカットが存在する事でしょうか。

今までの作品だと、ステージで歌ってる春香が居て、挟み込まれるエフェクトシーンはイメージムービーという分け方をしていたので、ステージで色調などを大きくいじるったりエフェクトかける事ってほとんど無かったんですよ。
所が今回はレギュレーション上ステージで通す必要があったので、ステージを使った上で心情風景や歌詞を起想させるシーンを作ることになり、こういう表現になりました。

来週はいよいよ本編公開。是非ご覧下さいね!
2010.08.01 Sun l 自作について。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/133-42528c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)