以前の日記にも書きましたが、musePは藤枝雅さんのファンであり、この人の影響があったからこそアイマスを始めました。

その藤枝雅さんの最新作、『飴色紅茶館歓談』ももちろん大好きなんですが・・・



はるちはで飴色紅茶館とか、どんだけmusePピンポイント精密誘導爆撃ですか!

原作で出た話題をアイマスネタへ変換してる部分もあるけど、それがまた良いなぁ。

・・・私は春香派で、はるちはも大好きですが、藤枝雅さんは雪歩派とのことなので、誰かそっちのバージョンも作らない?w

これで興味持った方は是非本も買いましょう!w
飴色紅茶館歓談 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)飴色紅茶館歓談 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/07/25)
藤枝 雅

商品詳細を見る

この人がアイマス同人誌描かなかったら、私はここに居ませんでした。



木曜・金曜はちょっと出かけていてそれどころじゃなかったんですが、今朝はちょっと早く目が覚めてしまったので、『百合m@s108式』をとりあえずはるちは系から追いかけています。
ちょっと・・・ここで紹介するかどうか迷うほどあうあう系なのもあるけど、ゴメンナサイ、musePもオトコノコなんです。スゲェ嬉しかったんだ文句あるかちくしょー!www
・・・うん、とりあえず見るかどうかはサムネで判断して。釣りじゃなくそう言う内容だからw

注釈入れるとしたら、純愛系なので私みたいに『春閣下』とか苦手な人も安心して見られます。黒っぽい春香が千早を・・・とかではないから。




うん、ガチ百合は苦手って人や、そもそも(例え相手が女の子でも)自分の好きなアイドルとP以外が親密にしてるのってなんか許せないって声を聞いたこともあります。
解るよ。自分が春香専属のプロデューサーで、それ以上に千早と春香の距離が近いなんて立場だったら、私だって千早に嫉妬する。独占したいのとは違う。ただ、誰よりも春香のことを理解してあげたいのに、敵わない相手がそこに居るってのは、スゲェ悔しい。

でもね、こんな事言ったら千早ファンにフルボッコにされそうだけど、私はもういっそ千早になってしまいたい。そのくらい、千早と居る春香って自然体で幸せそうに見えるんですよ。
SPで響もそこに加わりましたが、春香が唯一『ちゃん』付けで呼ぶ・・・千早にしても名前で呼ぶ数少ない相手。
『Stand by Me』を最初ははるちはでやろうかと思っていたってのはまさにそこで、「君と居るのが一番自然 好きな自分がここにいるよ」ってパートは、絶対春香から千早への言葉として描きたいと思っていたほど。
『Stand by Me』って愛とか恋とかを直接歌う、所謂ラブソングとは違うじゃないですか。“Love”を超越した“Like”と言うか、ただ“Stand by Me”なんですよ。

例えば仮に、春香が私のことを選んでくれたとして・・・その愛に偽りは全くなかったとしても、もしこの世の終わりが来るとしたら、その時は千早の隣を選びそうな気がしてなりません。
世界一の愛をも超える春香と千早の絆。ああっ!悔しい!でもそんな作品も作ってみたい!w


・・・スミマセン。なんか後半自分語りになってた気がしますが、そんな理由でmusePは『百合m@s108式』を応援していますw
2009.11.14 Sat l お薦め春香動画 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://springfragrance43.blog8.fc2.com/tb.php/100-3ed1ada3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)