上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ニコ生見てました。

ファミ通の記事見て、日高愛ちゃんが春香の妹分っぽくて可愛いなぁーと思ってしまった私は、愛の中の人が誰になるか気になっていたんですが、ほぼイメージ通りで安心しました。

DS版、秋発売となると、PSPから1年経ってないわけで、来年夏頃には何か発表できるかも・・・というアイマス続編まで1年無いという微妙なタイミング。そんなタイミングでまたハードごと買うのか? いくら社会人でもそこまで・・・と思うけど、今までのことを思えばDSiの1台や2台誤差に過ぎないけど

http://mugenmasakazu.plala.jp/cgi-bin/nijiuraIDOLMASTER/imascalc.cgi

・・・今計算したら約70万円でした。

ちなみにここに、Xbox360の性能をフルに発揮させたくて買った32インチハイビジョン液晶と、ドルビーデジタルヘッドホン。あと今後のDLCに備えた大容量HDDとHDMI端子が欲しいがためにエリートに買い換え、その際友人に15000円でノーマルXbox360に1400ゲイツカードと布教のためプラチナコレクションを付けて売ったその差額は含まれていません。貢ぎすぎだろ、自分。


でも春香と愛の絡みは是非見てみたいですねぇ。

お姉さん風吹かせようとして失敗する春香とか。
目をキラキラさせながら「憧れの先輩なんです!」って言い出す愛とか。
そんな愛を「妹が出来たみたい」とか言ってむちゃくちゃ可愛がる春香とか。
愛の初ステージは春香の前座で、アンコールの時に手をつないで一緒に出てくるとか・・・

そんなシーンを見てみたいんだよー!


・・・なんて事を言っていたら、ニコ生、最後の全員の挨拶の時、えりりんに話が振られた瞬間弾かれました。

プレミアムなのに、何故このタイミングで!?

何?浮気なPに春香が怒ってるのか?

しかもMessengerで話をしてた某Pからは「今全員でTHE iDOLM@STER歌ってるよ」とか言う残酷なメッセージが飛んでくるし。

必死に再接続を試みましたが、繋がったのは歌も半分終わったところ。話によるとえりりんが何かやらかしたらしいですが、見られなかった・・・。


さて、話題はガラリと変わりまして、musePはこの度『じっくり語り語られてみよう』に出てみることにしました。

まだ時間前なのでどの作品での参加かは内緒ですが、暇のある方は是非是非容赦なく語ってみてください。

ニコマスの感想ブログを持っている方って見る目は確かな方ばかりなんですが、不満点とかをズバリ書いてくれる人がほとんど居なくて、ちょっとここらでバッサリ斬られたくなったというのが参加の本音です。

普段書けない様なことでも書いて頂いてOKです。ご自身のブログが荒れない程度でキツめの表現大歓迎。

(ありがたい事に)私の作品を好きだと言ってくれる方、そういうワケなので私の作品をボロッカスに書く人が出ても、怒らないでくださいね。
スポンサーサイト
2009.05.30 Sat l アイマス l コメント (0) トラックバック (0) l top
なんか上手くレポートって形にまとまらなかったので、箇条書きでお送りします。


コールブック、今回もありがとうございました。

今回はダンス審査員が注意事項などを読み上げ。小鳥さんと社長の出番が無かったのが残念。でもギャグは冴えてた。

とりあえず、8割方えりりんしか見てなかった私まーめい。

ぬーぬー、はらみーの初々しさが良いねぇ。約1年半前のグレパ大阪のあっきーもあんな感じでしたが、今回は落ち着いたものでw

ミンゴス&えりりんはなんだかんだ言ってやっぱり良いコンビです。

そしてにごちゃんはマイペース。

『乙女よ大志を抱け!!』半分はこれを聴きに来たようなもんです。嬉しい。超ハッスル。衣装もカワイイ。回を重ねるごとに歌が上手くなっていくえりりん。元々場を盛り上げる事に関してはトップレベルなだけにこの先が楽しみ。

マイクをスタンドに置いて、間奏の間ステージを駆け回るにごちゃんに、ゲーム画面のやよいがダブって見えました。感動。

『I Want』。この曲の盛り上がり方は異常w そしてスゲー楽しそうなえりりん。ライブ曲としては好きなんだけど、可愛らしい曲も聴きたかったなぁ。

はらみーがなかなか可愛らしい件について。済みません、ワンダリングスターはまだプレイしてないんで貴音のパーソナリティがよく分からないけど。

あっきーの声はとっても良く通る。カワイイ。ステージ慣れしてきたせいか、美希っぽいマイペースさが出てきたような。

でもやっぱり真打ちはミンゴスか。『arcadia』はスゲェ良かった。かっこえー。CDより声に気持ちが乗ってた。

ぬーぬーの『Next Life』。他の曲とは毛色が違うかなり難しい曲なのにきっちり歌いこなしてました。千早の挑戦を受けて立つだけのことはあるな。

ソロはソロで魅力だけど、人数が増えるとさらに輝くのがゲーム中の楽曲達。会場のPの方々は一体どこに人数分のサイリュームを隠し持ってるんでしょう? 私は普通の赤と、明るい赤の2本立てでした。浮気はしないw

微妙に間違った名古屋ネタに笑わせてもらいました。あ、私は『山ちゃん』派です。でも、みそかつとか味噌煮込みうどんとか、味噌ネタが出なかったのは何故なんだ。

次はドームツアーで逢いたいな。



そうそう、グッズのカレンダーを早速PCデスクに飾ってるんですが・・・
ST310312.jpg
いきなりカレンダーの用を成していない件についてw

マイク持った春香があまりにも可愛すぎるのと、女の子座りのひざにやられました。
2009.05.19 Tue l アイマス l コメント (2) トラックバック (0) l top
名古屋公演に行ってきました。

今回も当選率が低かった中、参加希望の友人3人とチケット争奪戦に挑み、幸運にも獲得枚数は5枚。
しかもなんと20番台2枚と、250番台3枚。

もうちょっとで肉体言語での話し合いになる寸前だった紳士的な会談の結果、私は20番台で入場できることになりました。
んで、余った250番台1枚は、サンホラのチケットとか外れまくって凹んでいたかめPに譲ることに。

正直250番台でも満足だったんですけどね。実はmuseP、去年の横浜3rd Anniversaryの時はこんな所にいました。
884568695_140.jpg
届いたAA列とか言うチケットに我が目を疑ったよ。
こんな至近距離であんな良いライブを見させてもらえたんだもん。今度は後ろの方でも仕方ないかなー・・・なんて思っていたら、またスゲェ前の方。連続して外れてる人もいるのに、なんだか申し訳ない気分。

でも、各所で話題になってますが、入場時に配られた、ついにオフィシャルになってしまったローソン律子のパンフレットに爆笑させられ、そんなことは頭から消し飛んだ自分が居ました。

あと、ガミPから今後について気になるコメントも。

961プロのアイドルが765プロ編入となるそうですが、(SPは春香しかクリアしてませんが)961プロのアイドルが最終的にああいう扱い受けるならこの展開は納得です。

春香好きなmuseP的には『乙女よ大志を抱け』でハッスルできたので大満足。いぇい!
もう一曲は『I Want』で、これもまた思いっきり盛り上がりましたが、アイドルらしい可愛らしい曲も聞きたかった気がするのは贅沢なんでしょうか。

と、思ったら響が『太陽のジェラシー』歌ってちょっとびっくりしましたけど。

一方で、ニコマスPとして冷静な部分が、演出とかライティングをチェック。バックスクリーンの映像のつなぎがかなり上手いことを見逃しませんでしたよ。その中で見られた手法のいくつかを、現在製作中の新作でちょっとマネしてみようと思います。



SP発売後初めてのイベントで、私もPSPにパーフェクトサン入れて持っていったんですが、根がチキンなものですから物販に10時半頃から並んでいながら、最終的に電源入れたのはライブ終了後のわずかな時間だけになってしまいました。

そんな中で名刺交換してくださったプロデューサーの皆様、ありがとうございました。
そういうわけで初アドホック通信だったので勝手が分からなくてオロオロビクビクしてました。失礼があったら申し訳ありませんでした。


・・・そのわずかな時間に、かめPと遭遇してしまったのはなんの運命のいたずらなんでしょうか?w
アドホックの通信距離も解らないので、結局どこにいたのかは解りませんでしたが。
2009.05.18 Mon l アイマス l コメント (2) トラックバック (0) l top
『Project Moir@』では大活躍なさった哀れな小羊Pですが、その時の担当曲の一つ『冥王』のフル版がついに公開となりました。

いやー、でも、Moir@のCMが削除されたときに聞いた裏話を知ってると、「無茶しやがって・・・」と言いたくもなりますけどね。今度削除喰らったらアカウントごと抹消されても不思議じゃない(というか既に消されていてもおかしくない)状況らしいので。

はい。8分という長丁場なんですが、長さを感じさせない構成はさすがですね。序盤のコメ見るとまったく信用されてない感じではありますが、最後まで全く隙無くガチなんです。
元々高い技術をお持ちなんですが、以前の作品に比べてエフェクトの自然さが増してるように感じますし、画質も上がってる気が・・・。どこまで進化する気なんでしょうか。

小羊Pのブログ見ると解るんですが、小羊Pには強力なアドバイザーが居る様子。
こういう人の存在って、作品作っていて凄く大きいし、ありがたいですよね。
実は私も、クローズドコミュ作って途中経過を見てもらって色々意見もらってる友人が居るので、そのありがたみはよく分かります。

『聖戦と死神』も『Be Myself』も『10th anniversary』も、その助言無くしては思いつかなかったシーンとかもかなりたくさんありますので・・・。


・・・『聖戦と死神』と言えば、第3部以降作ってるよ告知を出したんですが、色々あってまた遅れそうです。ごめんなさい。第2部公開から1年以内にはなんとかしたいと思ってるんですが・・・。
2009.05.09 Sat l Project Moir@ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。