上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近完結して、約束通り一気読みした同人誌をご紹介。


nogoodlife 『水のようだ』 1~4

出る度に買ってはいたんですが、この人の作品だから絶対何かブチかましてくる・・・と、半端な覚悟では読むことが出来ず、3が出た頃にようやく覚悟決めて1と2を読み、3が届くもそのまま積んでしまい、完結編の4が出たので3を読み、そこで最初から全部読み直し、ようやく読破。


では感想のような、考察のようなもの。

■この作者だからこその・・・
この作品を掘り下げようと思った時、作者であるnogoodlifeさん事OGOPについて知っておくと見えてくる側面もあったりします。


・・・あれは確か2009年の春香誕生祭ニコ生だったと思います。その頃ニコマス界隈に居たPならその名を知らぬものは居ないターンKさんの放送に、KenjoP等の超有名春香派Pと並んでゲストに呼ばれてました。

・・・ああ、musePは呼ばれませんでしたよw

当時ニコマスPとして作品を投稿していた彼女がそこで語ったのは「Pでなく、ファンとして春香が好き」ということ。そして「春香を好きって気持ちでは誰にも負けない」という宣戦布告。あの時代のあのニコ生でそれを言ってのけ、実際今でもその愛を貫く筋金入りの春香“ファン”。

そんな人が描いた『10年越しのラブレター』がこの『水のようだ』なのです。


■質量と体温
本作の魅力の一つは、質量というか、背景のある春香を存分に見られるところではないでしょうか。
それも、話が進むにつれ、時間の経過を明確に積み上げて主人公の思い入れが強くなるに従って、その存在感を増してゆく。

なんだか手前味噌で恐縮ですが、かつて自分もこんな感想を頂いたことがあります。

Damehumanoid 曰く ■[アイマス]2013年上半期ニコマス20選(だめひゅ版)

『一手違わぬ表情選択を当たり前のようにやってのける。
歌の向こうに、春香の話す声が聞こえる気がする。
何も言わぬその表情を見てるだけで、春香が何を思ってるのかわかる気がする。
視聴者にすら、そう錯覚させる。
それはご本人がブログで語っていたとおり「自分の春香」にたゆまぬ情熱を注ぎ続けているからなのだろう。
この動画を観るだけで、これまでの動画を思い出せるほどに。
ただひとつのMADが、年月を当たり前のように背景に持ちうるということ。
考えてみたら、それってとんでもねえことなんじゃなかろうか。』


・・・ああ、この感覚を言葉にするとこうなるのか、と、『3』辺りで気づきました。

なんか、コマとコマの間の愛らしい春香の動きが見える気がする。ライブでのダンスに慣性を感じる。
有り難い感想を頂いたと思ってますが、自分の作品がそんな風に出来てるとは思っちゃいませんし・・・nogoodlifeさんの春香にこそこの感想は当てはまるような気がしました。

主人公の感情に合わせてか、『1』ではそりゃもうカワイイはカワイイけどそこまでの背景を感じなかったのが、『3』辺りではもう完全に質量を持ってる。マンガの一コマ一コマが年月を当たり前のように背景に持つということ。きっととんでもねえことです。

そしてそんな背景を持って挑むラストライブ。圧巻です。たぶん、触れば柔らかいし、体温もある。きっと平熱は少し高めに違いない。

■居るべき者が、そこに居る
『水のようだ』最大の特徴は、アイマスの同人誌ではかなり珍しい(と、思われる)、アイドルでもPでもない視点から描かれるストーリーでしょう。

それは一人の(幸運な)アイドルオタク、タカナシ君の視点。アイマスの設定上、意外に忘れられがちなアイドルのファンの目線です。
だってリアルのライブだって客席埋めてるのは99.9%プロデューサーだしなw

仕事の役得。ひょんなことから765プロに出入りすることになってしまったタカナシ君を中心に話が展開していきます。

そのドルオタ濃度と言ったら思いつきでやったような付け焼き刃なものではなく、おそらく作者本人の経験や「春香のファンだ」と言うスタンスに裏打ちされているのでしょう。ドルオタの独特な言い回しや専門用語を息をするように多用し、その界隈の知識がないと置いていかれるレベル。実は自分も何度かググりながら読んだレベル。

でもそれでいいと思います。同人誌ですし、万人受けを目指して本当に表現したい世界観がブレても仕方ない。

あ、『I Want』絡みのエピソードには妙に共感。というか、今でもそう思う。ニコマスで黒だの何だのネタキャラ扱いされてたのが、やっと正統派キャラという側面が認識されつつあった所で、公式がそれやるか? ライブでのアレも、まぁ嫌いじゃないんだけど・・・ねぇw


さてさて、そんなわけで主人公はタカナシ君なわけですが、もちろん春香の担当Pも登場します。本作では吉川さん。

『2』まで読んだ時点では、最初に書いた『宣戦布告事件』の印象や、あくまでファンとしてのスタンスは守るのを矜持とするタカナシ君がチクチク突っかかる(?)所から、古今東西有象無象の春香Pをモデルにしてるのかと思いました。
そしてきっと、あの宣戦布告事件について事ある毎に言及する俺についてもチクチク言いたいに違いないとw
まぁ、少なくとも自分はあんなに有能じゃないし、イケメンでもねぇけどなw
「あー、ファンだと公言するOGOPからは、春香Pがこう見えてたんだなぁ・・・」なんて思いつつ読み進めてました。

■『THE IDOLM@STER』
しかし、吉川P、『4』でその印象が一転します。

ああ、これは・・・この2人のやり取りは、
アイマスのプレイヤー(=P)としてのOGOPと、その春香のファンであるnogoodlifeさんとの葛藤だったんだ。

そしてこの作品は、おそらくOGOPが初めて春香をプロデュースした時の軌跡を、ファンの目線から俯瞰したストーリー・・・。


それに気づいた時、いつの間にか忘れていた事を思い出しました。

春香Pは、最初にどんな春香と出逢ったかによって、まるきり違う認識を持つ傾向があります。特に、今ほど天海春香のイメージが固まっていなかった無印の頃からの春香Pは。

ある人は、無理に選んだ武道館ライブを失敗させ、その寂しそうな表情が忘れられないと言う。
ある人は、最初に惹かれたのはニコニコで見たプロデューサーさんに恋い焦がれるあまり病んでしまった姿だったとか。

・・・自分の場合は、アケマスで初めてAランク成功エンドへ連れて行ってあげられたのが春香。ドームライブを成功させ、トップアイドルとして独り立ちしていく姿が原点。


そしてOGOPの場合はこれがスタートラインだったのか・・・。

以前からのOGOPの作品に共通して感じる達観や諦念の根源・・・その愛の割に何故か感じる春香との距離は、ファン目線・・・ドルオタとしての矜持と、この立脚点から来るものだったんですねぇ。



ああ、この人は、この人の春香は、本当に強い。

そして自分の春香Pとしての最大のコンプレックス、ドームにたどり着けなかった春香を知らないということを思い出させてくれました。

トップアイドルとかドームとか、春香が語る夢が実現される世界しか見たこと無い自分にとって、そういうのが叶わなかった所から這い上がってきたPの方が、トップアイドルとかドームとかの本当の重さを知っている気がするのです。それがとても悔しい。


この先のアフターストーリーが気にならないと言ったら嘘になります。
しかし絶対に忘れられない最初のプロデュースの思い出を、1つのストーリーとしてパッケージングしたこの4冊は、これで完結しているからこその美しさがあります。アイマスの同人誌の中ではかなり異端な作品ながら、あまりにも見事にアイドルマスターのループの中に在る。

泣いても笑っても1年。咲き誇る花は散るからこそに美しい。ああ、そうだ。アイマスってそういうシビアで美しいゲームだったんだよ。


アイドルマスターの世界を、そこに存在するのが当然なのにほとんど意識されることがない視点から描き出したこの作品は、

とても正しく、アイドルマスターの世界から生まれ落ちた作品なのでした。
スポンサーサイト
2017.08.25 Fri l 春香 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日の記事、だれも反応してくれなかったらどうしようかと思いましたが、思ったよりコメントが付いて安心しました。
コメント下さった方、ありがとうございます。

あ、今からでも「自分はこうだぜ」ってのがあれば書いていただいてもOKですよ。


とりあえず2月6日19時時点でのレスを兼ねた日記です。


数や割合の話をするにはサンプル数が少ないですけど、それにしてもP経験有無にかかわらず『春香のプロデューサー』として春香に接してる人が少ないのには驚きました。

ただ、それが春香にとって悪いことかと言えばそんなことは全然無い感じで、ちゃんとアイドルとしては見られてる。あのエンディングが象徴するように、(一時かもしれないけど)別れを選び、アイドルであることを選ぶ関係だからこそ、年上キャラでもないのに「春香さん」なのかな、と思ったり。


まわりが「春香さん」なので・・・という意見。東北道さんやよたさんのように、私もたしかにちょっと気が引けるときもあります。
ニコ生とかでみんな「春香さん」の所に「春香」でコメント流しちゃうとなんか偉そうにしやがってみたいに取られないか心配してたり、春香派のPで「春香さん」と呼ぶ人と話すときなんか特に・・・。
つーわけで、先日タクヲPやdbdbPとお話ししたとき、実はこの辺かなり葛藤がありました。お二人とも「春香さん」だったのでw
会話の流れでつい「春香さん」になってしまうときもあるんですが、でもこっちもウィンウィンPと同じく一番最初に春香とした約束なんだから「春香」と呼ぶのにこだわりを持ってるわけで、別に春香やほかのPを軽く扱ってるわけじゃないんだから失礼にはならない・・・と自分に言い聞かせてますw

sabishiroPの春香のおじいちゃんになりたいってのは何となく解ります。
私はいっそ春香のお父さんになりたいです。むしろ千早でも良い。恋愛関係と無縁な、でもすぐ側で見守っていたいです。

そうそう、私はソロプロデュース派なんですが、仮に春香と誰かを組ませるとしたら千早だと思って居ます。その時はヘタすると「如月さん」とか呼び始めかねない自分なんですが、これはKushioakPに近い感覚なのかもしれません。

游希Pと同じく、私もリアルでは後輩でも「君」か「さん」を付けて呼んでるんですよね。ニックネームで呼んでる人も全く居ない位なんですが、千早は「如月さん」と呼んでしまいそうなのに春香は「春香」なんですよね、不思議なことに。



ご意見は常時募集中です。どうぞ、お気軽に?w
2010.02.06 Sat l 春香 l コメント (5) トラックバック (0) l top
以前からちょっと気になっていること。


春香って、ゲーム中の設定とは別にニコマスなどでの呼ばれ方が多彩だよなぁ・・・と。


・・・あ、良いとか悪いとか、正しいとか間違ってるとか言う話題じゃなくてね。


私は基本「春香」です。

自分はプロデューサー目線で春香を見ているってのが大きな理由だと思いますが、春香がそう呼んで欲しいって言ったんだもん。だったら私は「春香」と呼んであげますよ。

「春香」が最多勢力だとは思うんですが、「春香さん」って呼ぶ人もかなり多い。私としては律子のことを「ローソン」と呼ぶのに近い感覚なので敬遠してしまうんですが「閣下」で呼ぶ人も割と居る。「春香ちゃん」も少なからず居るけど、「はるるん」を常用してる人は思いつかないかな。


そんなわけで私は「春香」と呼んでるんですが、春香に対しての立ち位置がどんな人がどんな呼び方をする傾向にあるのか、割と気になります。

自分はこうだからこう呼んでるぜってのがあれば、コメント下さると嬉しいです。



そう言えば、春香は少数派である「プロデューサーさん」って呼んでくれる娘ですけど、実際に名前を知っていたとしたら、どんな風に呼んでくれるのかなぁ。「(苗字)さん」か「(苗字)プロデューサーさん」な気がしますけど。

雪歩は何故だか「(苗字)プロデューサー」と呼びそうな気がします。

千早は最初の頃は「プロデューサー」だと思います。

伊織ならいきなり「アンタ」か苗字で呼び捨てにしてくれそう。
2010.02.02 Tue l 春香 l コメント (11) トラックバック (0) l top
dbdbPがなかなか良い記事を書かれてるので、反応。

春香さんはなぜ。

何度も何度も書いてる気がしますが、私が春香に惹かれるようになったのは初めてAランク成功エンドを見たのが春香で、あのエンディングに感銘を覚えたから。

アケ版から入った人は特にこの思いが強いんじゃ無いかと思いますが、ほら、アイマスって『女の子とくっついて終わり』な一般的ギャルゲーとはひと味違うじゃないですか。
そりゃ、コミュなんかでラブラブ要素もあるし、年頃の女の子と男の二人三脚でやってりゃ恋愛に発展してもおかしくないとは思いますよ。

でも、本質はそこではなく、中長期の戦略を持って曲を決めレッスンを重ね、瞬間の判断でオーディションを勝ち抜き、厳しい芸能界を駆け上がっていく所が本筋じゃないですか。

私はこういう戦略を練るというか頭脳戦というかけっこう好きで、アイマスのゲーム性にはまったというのが一番でした。
アイマスキャラの中では律子と一番気があいそうです。彼女と組むと、レッスンより戦略会議の時間の方が長くなりそうで、気付いたときには半年くらい過ぎてそうですねw


・・・だから、初めて担当の女の子をトップアイドルとして育て上げて、それが春香で、あのエンディング。

ナムコさん格好いい!よくぞやってくれた!最後の最後までただのギャルゲーじゃないって所を貫いてくれたよ!・・・とさえ思いました。

一会社員として、上司(=社長)に「1年の期限で、トップアイドルを育てよ」と命ぜられた男として、あの選択はむしろ当たり前でしょう。
そりゃもうちょっと言い方あるだろうって気もしますが、自信を持って春香を送り出し、自分はまた次のアイドルを育てに行く・・・

実はその次にAランクエンドを見たのが千早なんですが、アイマスってそういうゲームなんだと思いこんでいたのであのエンディングにはかなり衝撃受けました。
「えぇっ?!海外っておま、勝手にOKすんじゃないよ!じゃあ明日765プロへ出社する俺はどうすんの? てか、上司の命令だよね1年って期間はおいおいおいおい」

オマケにアケ版だと、翌朝本当に携帯に「準備は出来ています!いつでも迎えに来てください」ってメールが届くんですよ。
いつまでたっても迎えには行けないという現実を突きつけられた気分で、朝から凹んださ。

千早ファンの皆様、本当にごめんなさい。



一番ピュアな『アイドルマスター』って春香シナリオだと思うんですよ。

dbdbPと違って味気ないロジカルな理論展開になっちゃいますが、ゲーム開発時に声がないことにはテストも出来ない!と起用されたのが中村繪里子さんだったそうです。
後日正式キャストとしてオーディションを受け直しては居る(他にいい人が居たら容赦なく落とすつもりだったとはディレ1の弁)そうですが、中村繪里子さん演じる春香がアイマスの一番最初にあったのは間違いない。

最初はプロデューサーではなくマネージャーという立場で収録されていたため、春香だけ多くの台詞を録り直したとか。
だから所々「プロデューサーさん」のイントネーションが違う箇所があるんじゃないかな。

BADレッスン時の妙に暗い「ありがとうございまし た。」
あれは春香の収録が終わって怖すぎるからほかの子では止めになったそうです。

一番荒削りだけど、だからこそスタッフが一番作りたかったアイマスがそこにあるんじゃないのかな。


私も別に春香以外の女の子を否定するつもりはないんです。

アイマスを始める前、キャラクターを一通り見て気になったのは千早とあずささん。
黒髪ロングの二人でSランクが、アケ版当時の目標でした。これは結局叶えられずに今日まで来ちゃってるんですが。

同僚として気があいそうなのは、先述の通り律子。
あーでもないこーでもないと、一日中話し合っていそう。色々意見をぶつけ合って組み上げた最高の戦略を実践するのはとても楽しいでしょう。

なんだかんだ言って馬があうのは伊織。
戦略組むのが好きでも、いざとなると焦り気味になる自分(この辺も律子に似てるなぁ)と、成長が早く底力もある伊織は、結局近い歩幅で歩いてる感じ。意識しなくても何故か上手く行く二人。事実、唯一Sランクを達成できたのは伊織だけです。


初めてキャラクターを見たとき、はっきり言って春香は目に止まりませんでした。
最初のプロデュース期間中も、「んー、人気ないみたいだけど、普通に可愛い子だとは思うよ?」位の感想しか持たなかった。
でも、あのエンディングを見て、他のキャラのエンディングをいくつか見て、見方が変わった。

「俺は、他の誰よりも春香を“トップアイドル”として育て上げたい」


dbdbPが上手く言葉にしてくれてますが、彼女と過ごす1年間・・・彼女をトップアイドルにするまでの時間そのものに、自分は惚れたのかもしれません。


・・・なんかdbdbPの記事を自分の言葉で書き直したような記事になってしまいましたが、よく似たこと考えてるんだから仕方ないじゃない!w


私にとってニコニコは、ゲームから離れてなお春香をプロデュースできる場所。
ニコマスというオーディション会場に一緒に頑張ってきた『ウチの春香』と乗り込んで、ファンを増やしていきたい。

やっぱり、春香をプロデュースする時間そのものが好きなんですかね。
2009.12.04 Fri l 春香 l コメント (4) トラックバック (0) l top
最近ニコニコの右上のバナー広告で出てくる『パーティキャッスル』ってのがなんか妙に気になったので、DLしてとりあえずキャラを作ってみることにしました。

ちょっとコツは要るけど、慣れると楽しいです。
3D塗り絵ってとこでしょうか。服も髪も、形状はある程度決まっているんですが、透明が使えるのでロングヘアのパーツを使えばショートにも出来る。長袖なら半袖に出来るし、スカートの長さも短くできる。
なるほど、形状変更は最低限で3Dキャラを作る手法としては面白いですね。


最初は戸惑ったんですが、気付いたら熱中してました。
museP的には3D画面で作業するより、2D展開図に塗っていった方がやりやすかったです。


まだまだ作りかけですが、musePん家の娘さんはこちら。











・・・・・・・・・。



気付いたら、春香になっていましたw



PC091130B.jpg



どうしてこうなったというか、やっぱりこうなったというか・・・。


衣装単位で公開して他の人にも使ってもらってポイントを稼ぐことも出来るみたいですが、運営がスクエニだし、消される気がする!w
なので、この娘は私専用w
2009.11.30 Mon l 春香 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。