上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さて、制作秘話第3回目。今回はコメントでもちょっと出てる配役についてあれこれ。



ぶっちゃけた話、配役には悩みはしましたし、連絡手段としていたSkypeで少し議論もしましたが、結局各Pにお任せでした。

えびPなんて、最初から「伊織しか使わない」宣言してましたし、たしかせるき~Pも似たようなこと言ってたし、とりあえずニコニコで『アイドルマスター 丹下桜』で検索して出てくるアイドルが主役級で出てればそれで良いかな、と。

声優さんの声とキャラの相性って絶対ありますし、変にたくさんのアイドル使おうとして逆に少数の「ハブられ」組を出す方が良くないだろうと。ならいっそ偏ってしまった方が良い。

でも、雪歩派のPのスカウトに失敗して、雪歩の動画は多いし出してあげたいなぁ・・・どうしよう・・・と思っていたら焼き肉Pがやってくれて一安心。

そしてけるまP、焼き肉P、そして私の演出により、なんだかんだ言って全アイドルちょっとずつ出演するという作品になりました。


無理してオールスターにするより、定番の娘たちを手堅く大切に扱ってあげたかった・・・と解釈して頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
2011.09.23 Fri l S@kura l コメント (0) トラックバック (1) l top
私の誕生日である18日にアイマスデイリーランキング1位とか、本当に嬉しい限り。
カクテルとぶつかってしまってどうなることかと思いましたが、反対に倒してしまうとはw



というわけで今回は制作秘話その2、選曲やタイトル決めに関わる所です。

動画の規模などは諸条件から10~15分くらいと決めていたので、実際集まったメンバーと曲数で、1曲当たりの時間を考えればいいや・・・という感じで、とりあえず音繋ぎというものを自分でやってみました。

よく考えたら音いじりの出来るPが知り合いにいなくて、探すコネも思いつかなかったので、せっかくだし自分で挑戦・・・と思ったんですが甘かったw

どうやっても『クロスフェード試聴版』以上のモノにならない。間違ってもメドレーなんかにはなってない・・・。

この合作に於いて桜さんの曲は一番大事な部分ですし、さっさと諦めて音いじりの出来るPをスカウトすることにしました。

それと平行して曲決め。基本的には参加Pのやりたい曲を上げてもらって、前回のブログに書いたように年代は出来るだけ分散させたいというのがあったので、偏るようだったら相談して変えてもらおうと。

私は絶対初期の名曲に偏ると予想していたんですが蓋を開けてみたら意外にバラけいて、最終的な曲目は最初に上げてもらった曲のままです。
結果的に全員に好きな曲で作ってもらえることになり、完成度の高さにも繋がったんじゃないかな、と。

強いて言うなら多忙とのことで2曲希望していたPが1曲になったのと、museP自身が万が一トラブルがあった場合に対処出来るように、何か無くてもCM作る余力を残す為に、最初は新規で2曲挙げていたのを1つ止め、既に個人的に作り始めていた『love stream』を入れた位でしょうか。

あ、そう言うわけで『love stream』はそのうち単品が上がると思います。


あとはその中から、オープニングとエンディングに相応しいであろう曲を投票で決めて、その間に後に合流してもらうことになるKenjoP経由で楽曲編集をNDKPにお願いし、出来上がったのがあの音源です。

色々こちらのミスでお手数をおかけしましたが、おかげで良い物になりました。


で、OPやEDにはロゴ入れたいし、合作タイトルも決めないとね・・・という段階になり、私の方で色々いじり始めました。ロゴとか作るくらいは出来るしw

いくつか大雑把なレイアウトを試しつつ、決めたのがこれ。
試作中
この段階ではまだタイトル未定でした。

で、ロゴのカタチが決まったので、ここに良い感じに収まりつつ、@が入りつつ、響きが良いタイトルをみんなでワイワイ言いあいながら色々乗せていたら
試作中2
『S@kura Stream』というのが出てきました。
収まりも良いし、主催の担当曲『love stream』にも通じるし、アイマス2の衣装『サクラストーム』にも近い感じで、語感も悪くない。

んで、決まったタイトルで色々細かい部分を煮詰めて出来上がったのがこちら。
さくますロゴ

ニコ生の時のコメントでも、ロゴがイイネってのが多くて生みの親としては嬉しかったですw


あと、これこそほんとに秘話なんですが、“ストリーム”って単語を思いついたのは、たまたまその時(かなり今更ながら)DVDで見ていた『ストライクウィッチーズ』の、私のお気に入りキャラであるエイラ役の大橋歩夕さんと、サーニャ役の門脇舞さんのラジオ『スターライト・ストリーム』のラジオCDがたまたまそこにあったからw

だから☆マークが入ってたんですよねw


そんな感じで曲目が決まり、音源が出来、タイトルとロゴが決まった。

あとはみんなで寄って集って作るだけ!

・・・次回に続くw
2011.09.19 Mon l S@kura l コメント (0) トラックバック (0) l top


はい、というわけで企画が持ち上がってから5ヶ月。いきなり持ち上がった話だったのでスタートさせるまでに時間が掛かり後半結構バタバタだったんですがなんとか完成に至りました。

公開日のゴタゴタについてはこちら参照
理由はともあれ、当初予定時間に待ち構えていてくださった方には申し訳ないことをしました。


さてさて、何回かに分けて制作秘話みたいなのを書いてみたいと思いますが、今日はまず企画が立ち上がった頃の話。
きっかけ自体は、今年の春香の誕生祭ニコ生でturnKさんに“はめられた”のがスタートですが、実は丹下桜さんとアイマスのコラボ作品を増やしたいなー・・・という野望を抱き続けていたので、まとめきれるかという不安はあったけど、見たいという人が居るならやりましょう的なノリでしたw


昨夜のニコ生でも少し話させて頂きましたが、企画を始めるときに自分の頭の中にあったのは“新旧のファンを繋ぎたい”的なもの。
丹下桜さんのファンならご存じでしょうが、2000年から2009年まで表だった声優活動を休止していた丹下桜さんですが、その間何もしていなかったワケじゃなく、コンスタントにCD発売したり、ライブやったり、ほんのちょっとだけ声優業もやっていたりしたんですよ。

これも昨夜のニコ生で話したネタですが、当時大好きだったマンガ『ヨコハマ買い出し紀行』がOVA化され、その主人公であるアルファさんの声を当てていた椎名へきるに興味を持ち、そこから声優さん関係のラジオを聞くようになったんですが、そこでたまたま聞いた桜さんの『Stand by Me』に一撃でやられてしまい、CDを探しに走って、買ったのがミニアルバム『Alice』だったんです。

タイミングとしてはCCさくらの頃ですが、きっかけはちょっと違うんですよw

そんなわけで丹下桜さんを追い始めたのが(今にしてみれば)休業直前だったわけで、一番燃えているときだったこともあって、そこで脱落したファンも多い中私はそのまま『WONDER-NET』第一期から最後まで追い続けてしまったわけですよ。
あ、1度だけメール打ったこともありましたね。読まれなかったけどw。

あと、休業中もほんとちいさなライブハウスで何度かライブが開催されて、確か3回行ったはず。

昨夜えびPが自慢してましたが、私も桜さんの御父様の隣の席になったことがありますw
どー見ても客層に合わないおじさまが一人。よく見ればレディースシート(その時は女性専用の指定席があったw)にも明らかに年齢が違うおばさまが一人。MCで両親が来てると明かす桜さん。隣のおじさまの正体を悟って硬直する私w


高速バスで行くつもりが途中で新幹線に乗り換えたがために早く着きすぎ、結果最前列になったこともw
小さなライブハウスだったんでステージもちょうど机の高さくらいの至近距離で、しかも隣の席の人のメールが読まれて、その流れで私に話を振ってくれたことも!
手を伸ばせば届く距離で!あの笑顔を!!俺に!!!

そんなわけで、こぢんまり活動を続けていた桜さんを追っていたわけですが、ラブプラスで正式に声優復帰を果たすわけですよ。

その頃私はアイマスが優先になっていてラブプラスは買ってないんですが(買ったら戻って来れなくなる自信があったからw)、丹下桜さんのCDはずっと買い続けてました。


というわけで、桜さんがひっそり活動していた頃の曲もずっと追ってきた私としては、2000年に一度は離れた人たちや、2009年に新たに知った人たちに、この頃にも名曲があったことを知って欲しい!

もちろん今のラブプラス関係の楽曲や、過去の黄金期の曲も入れたい。


(既に巻き込まれていた)えびPは、桜さんに関しては私より古参な事もあって、出来るだけ休業中のことを知ってる人が欲しいな・・・なんて事を考えつつ、今から洗脳したりする時間もないし、個人的な想いなんですが、アイマスも丹下桜さんも私にとっては本当に大切なので、丹下桜さんが好きという人に声を掛けさせてもらいました。

技術がある人なら、丹下桜さんを知らなくても曲を聴けばおそらく魅力的な作品を作ってくれることでしょう。

でも、それって、その人の丹下桜さんへの想いとか、桜さんに関する思い出とか、そう言うのが入らないじゃないですか。
そういうのってなんかイヤなんですよ。私はニコマスPである以前に丹下桜さんのファンなので。


「愛がある」ってコメントを頂いていますが、映像美だけじゃなく、それを感じ取って頂けると嬉しいですね。
2011.09.17 Sat l S@kura l コメント (0) トラックバック (0) l top
アイドルマスター×丹下桜合作『S@kura Stream』。
9月16日の公開に向けて着々と進行中です。



というわけでCM第二弾。

今回は実際に合作に使われる映像を切り貼りして作ってみました。
前回のが合作のコンセプトムービーなら、今回のは合作のデモリールと言った所でしょうか。

なかなかの完成度に仕上がりつつありますよ。


丹下桜さんの楽曲はゆったりした曲や優しい曲調のものがほとんどなんですが、格好いい曲でなにかやってみたくなってこの曲を選びました。



今回のCMでは、メドレーに収録される12曲のうち、musePの手元に届いている10曲の動画を素材にしています。
さて、どれがどの楽曲か解るかな?

いくつかどこを切り出してもネタバレになる曲もあったんですが、極力解らないように切り出してみました。

もし10曲とも正解する人が居たら、museP一人で作れるモノなら動画のリクエストなんでもお応えしましょうw
2011.09.10 Sat l S@kura l コメント (0) トラックバック (0) l top
と、いうわけで

アイドルマスター×丹下桜合作『S@kura Stream』

9月16日公開予定の運びとなりました。

参加Pは以下の方々。
http://www.nicovideo.jp/mylist/26962617

企画(?):turn-K氏

とりまとめ:museP

楽曲編集:NDKP

動画制作:
えびP
KushioakP
けるまP
KenjoP
せるき~P
焼き肉P

Special Thanks:
dbdbP
なまけものP


(主にmusePの)いろいろな思惑があって、参加メンバーは少数精鋭。でも動画自体は17分越えというボリュームで仕上がりつつあります。

現時点ではどんな物になるかまだ見えない部分もありますが、見てくれた人が少し笑顔になってくれたらな・・・なんて事を思いつつ作業してる次第です。
2011.08.20 Sat l S@kura l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。