上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久々すぎてブログへのログインの仕方を忘れてたmusePです。こんばんは。



10本目の春香誕生祭動画ができました。
10年毎年続けられたってのが感慨深いのと、10年何も変わってない自分にちょっと焦りを感じるというかw

そーだよなぁ・・・春香と出会った頃は年齢差が10歳無くて、ついに10年差・・・ってタイミングで春香が17歳になって回避されて・・・
で、今年春香の2倍ですか。あっはっは。年食ったなぁ。でもこれでもえりりんより若いだからなぁw そりゃガールズも無理できない年だろうに・・・

・・・閑話休題。


今回の動画ですが、久々に初心に帰れた気がします。もちろん産みの苦しみはありましたが、それこそ最初の『Be Myself』作ってた時の感覚を思い出して、作ってて楽しかったな。

今回の選曲、相も変わらず丹下桜さんですが、元々は全然別の曲で作ろうとしてました。
その曲は『Neo-Generation』よりスローテンポな曲なんですが、プラチナスターズで作ることは決めていたんですが、プラチナスターズは出て日が浅かったのと自分のプレイ速度が遅いのもあってダンスもステージも全然揃って無くて、対応できるか不安だったんです。

で、できるだけアップテンポな曲・・・ということで選び直したのが『Neo-Generation』でした。

でも、正解だった気がします。

なんか、最近の作品ってストーリーを持たせようとするがあまり、ステージ上の春香をちゃんと見せられてない気がしてたのと、特に誕生祭動画は『春』『春香』『丹下桜さんの歌』という共通項が多すぎるせいか、作風もみんな同じになってる気がして・・・ほら、制服系かサクラストーム着て、実写合成で、サビだけはダンス中心で・・・w

いつもの感じでオートカメラの動きを尊重しつつ作ってたんですが、ダンスメインで見せていくには単調で、それに春香がいい表情をする瞬間にそれを生かせないカメラチョイスしてたり。
そういうのを一つ一つ調整してるうちに、『Be Myself』作った頃の事を思い出してきたんです。

あの頃は春香はあんまり人気もなくて、ニコマスではどっちかと言えばネタキャラとして定着してて。
それを変えたくて、どこで一時停止されても良いようにネタにされるようなカットはとにかく排除して、可愛いところを徹底的に抽出して出来上がったのが『Be Myself』。
ああ、そういえばあの頃はこうやって一つ一つチェックして作ったよなぁ・・・と。

あとは製作期間中にプロミやミリオン4thを見た影響もあって、カメラワークのライブっぽさというかLVっぽさを意識してます。
例えば画角は違うけどアングルが近いカメラは連続させないとか。

つまり、引きのカメラがステージ左側から映して、次に左からのアップに切り替わるとします。
するとアップカメラが引きのカメラに映り込んでいたことになりますよねw
そんな感じで、このステージのどの辺にカメラが居て、それぞれの動線が出来るだけ成立するように・・・と。

あと昔からやってみたかったんだけど、きっとクドいよなぁ・・・とやらなかったUPカメラの連続を1箇所取り入れました。最後の大サビ、「自分を発揮できる場所へと」のところ。左・右・正面の3連発。
これ、曲は忘れちゃいましたがミリオン4thの3日目、山崎はるかさんが歌ってる時にLVでは1度だけこのカメラワークがあったんですよ。それで「ああ、使い所さえ間違えなければアリなんだな」と思って入れてみました。


・・・色々長々語りましたが、そんなちょっと懐かしい感覚で、新しい事を取り入れつつ作ったのが、10回目の誕生祭動画です。まだまだやれることはあるんだなぁ・・・と。

それに、最後に作る曲はずっと前から決めてるし、それ作るまでは辞められないからねぇw
スポンサーサイト
2017.04.03 Mon l 自作について。 l コメント (0) トラックバック (0) l top





はい、ブログではお久しぶりです。
昨夜こんなことをふいに思いつき、自分なりにまとめてツイートしてみたら予想外に反応が多くて嬉しい限りです。

アイマス楽曲・・・全部ひっくるめると500曲超えてるんでしたっけ? 数だけでなく10年を超える歴史、ゲーム本編にラジオ、各種スピンオフやカバーという幅の広さ。そこから絞りに絞った10曲を選ぶことによって、何よりも自分自身が楽曲という観点から見た場合にアイマスのどの辺に住んでる人間なのか見えてくるんじゃないかな、と思いまして。

ただ、実際一部でそんなツイートしてる方も居ますが、Twitterでは曲名だけで文字数オーバーしかねませんし、もっと色々語りたいという方もいそうなので(自分もです)、ブログバージョンを率先して(?)まとめてみることにしました。

では改めてmusePの10選

01.月下祭 ~la festa sotto la luna~
02.relations
03.edeN
04.Little Match Girl
05.DREAM
06.TRIAL DANCE
07.Memories
08.初恋バタフライ
09.DIAMOND
10.Blue Symphony

さてさて、曲順も含めて考えてみましたが、コンセプトは身も蓋もなく「好きな曲を、連続して聞いても違和感なく並べてみた」です。

01.月下祭 ~la festa sotto la luna~(今井麻美)
さて、初っ端からぶっ放してみました。イマドキの若い千早Pは知らない人も居るんじゃないでしょうかねw
かなり初期のラジオの曲ですが、当時まだアイマス楽曲は少なくて(全キャラ持ち歌1曲ずつ+α程度)、こういうある種大人っぽい楽曲はまだありませんでした。今で言う『蒼』の曲の、はじめの一曲と言ってもいいのではないでしょうか。
正確には千早の曲ではないので、歌手名表記はこちらで。

02.relations(天海春香)
以前『ニコマスとP』の春香派座談会でも語ったんですが、この曲ってアイマス無印のストーリーを考えれば考えるほど、何で春香の曲じゃないのかと(美希Pゴメンナサイ)。
無印ではラストコンサートの曲に持ち歌を選ばないと減点になる事は重々承知で、箱○初回プレイ時の春香の最後は、この曲で締めました。

03.edeN(春香・千早・美希)
曲として好きで、現在プラチナスターズでの最多使用曲にして、最多使用トリオ。前2曲が過去を振り返る選曲なら、ここで一気に今に追いつきます。てかホント、春香にもちゃんとCDでこういうかっこいい枠の曲を歌わせてあげて欲しいんですがねぇ・・・

04.Little Match Girl(春香・雪歩)
多分2の最多使用曲。元気だった頃のJ-POPを思い出させる曲調・・・と思ったら作曲者は思いっきり意識してたんですね。
CD発売時には本気で春香に歌ってほしかったんですが、例によって叶いませんでした。
でも冬フェスでの生バンドに乗せてのこの二人が見られたのでちょっと溜飲を下げました。えりりんも好きな楽曲とのことで実現したユニットですが、その組み合わせを再び。

05.DREAM(雪歩、律子、美希、貴音、涼)
Best Of 765+876=!! Vol.02の最後の曲をそのまま。何気に豪華メンバーなんですよね、このユニット。曲調としても大好きで、OFAでは一番使った曲のような気がします。

06.TRIAL DANCE(我那覇響)
MA2の作曲陣はどういうマネー的な動きがあったのかかなりの有名所のそれまでのアイマスでは名前を聞かなかった面々が多いのですが、来ましたよコレ、中西圭三。『Choo Choo TRAIN』の人と言えばネームバリューが伝わるでしょうか。個人的には『次の夢』が一番好きですが。
CD届いて聞いてみていいなこの曲、作曲誰かなと思って見てみたらぶったまげた後納得した曲。

07.Memories(ラブライカ)
シンデレラガールズはアニメも見てたんですが、どういうわけかその時は全く印象に残らなかったのに、10thで聴いて一発で惚れて、翌日CD買いに走った曲。Little Match Girlと同じESTiさん作曲と聞いて納得。Winkに似てると言われて確かに淋しい熱帯魚思い出すわ・・・と思った曲。こういうちょっと懐かしい何かをくすぐられる曲にも弱いらしい。

08.初恋バタフライ(宮尾美也)
懐かしい枠(?)が続きます。『ランバダ』とか思い出させるアコーディオンの旋律がなんだかとっても90年代初頭なこの曲。もう大好き。オケの編成も90年台前半な感じで、一歩間違うとそのまま思い出の九十九里浜。別の曲を目的に買ったミリオンのCDで盛大に撃ち落とされ、ミリオンの3rdライブは完全にこの曲が聞きたくて行ったようなものです。

09.DIAMOND(水瀬伊織)
なんか春香Pであることを忘れたような選曲になってますが、伊織の持ち歌から悩んだ末これを。というかもしアイマスに春香が居なかったら伊織Pになってたと思うんですよ、自分。
これを初めて聞いた時、何でこんな素敵な歌が春香の持ち歌じゃないんだとグギギした位には好きです。でも悔しいほど伊織の曲で、これを春香が歌っても魅力は引き出せないでしょう。THE・持ち歌。

10.Blue Symphony(最上静香・伊吹翼・北沢志保・所恵美)
SSAのセンターステージで魅せた奇跡。あそこで初めて聞けた良かったと思う曲。あのステージだから出来たフォーメーションでのあのダンス。超かっこいい。シンデレラやミリオンの曲はあまり積極的にはCD買ってないのもあって、ライブで初めて聞いて惚れる曲が多いんですが、これはその中でも最大の衝撃。そんなわけで、今後もそんな出会いが出来るよう、この曲で締めさせていただきます。
2016.12.02 Fri l アイマス l コメント (0) トラックバック (0) l top
MSC5の話題が続きます。

動画作って参加する所までは前回の記事の通り。
今回は、開幕からエンディングまでのお話です。

優勝なんて狙ってないし、予選落ち上等だったのでそういうドキドキみたいなのは全く無く、「さーて、どれだけ草が生えるかなw」と思いながらコメントや感想ブログを漁ってみて割と凍りついてる自分が居ました。

MSC3を知らない世代が思った以上に多い&知ってる人にはガチな反応されたり「オイテメェ、それやるからには分かってんだろうな?(意訳)」的な感想があったり、これはマズい・・・と。

あとはリンスキーさんのドール動画がエントリーしてて、そのP名予想にmusePの名前が挙がっていたこと。
DDS春香はわりと個体差が大きく、ドールオーナーなら誰の春香なのかほぼ見分けることが可能で、それに加えアイが変わっていたり自分の知ってる範囲ではリンスキーさんしか持ってない衣装を着てたりで完全に特定していたんですが、MSCのルールに配慮するとその辺一切コメントできなくなってしまったw

さらに終わってから知ったんですが、終わり詩Pの作品の予測にmusePの名前が挙がっていたとかで。
まぁ、春香派でアルトネリコ合作からの連想をすれば納得できる理由ですが。


MSCに出るような素振りをツイッター上では見せていたし、MSC3をリアルタイムで知っている古参で、無印春香を使ってくるようなPという点で、自分の動画の候補としては名前が出るんじゃないかと思っていたんですが、全く予想もしない展開になってしまいましたね。


エントリー時点で一応動画としては最初から最後まで出来ていて、単品公開で「なんだ、ただのネタじゃなかったのか!」的な感想をもらえる程度にはしていたんですが、感想ブログで思いっきりハードルを上げられてしまい、これはこのまま単品にしたら大変なことになるんじゃないかと・・・。

で、急遽ほぼ最初から最後まで全てのシーンに手を加えることを決意しました。
基本的な部分はエントリー動画をなぞりつつも完成度を2段階くらい引き上げる感じで。
既に出てしまった15秒分はもうどうしようもないので、万が一にも予選に勝ち残って30秒が公開されないことを天に祈りつつw

結果的には予定通り予選落ちしてくれましたが、本戦は一番緊張して待ってましたね。残ってたらどうしよう、と。

そして予定通り予選敗退はしたものの、案外短いインターバルで本戦や決勝動画が上がってきたので大急ぎで作業した結果、あの「大雪」が残ってしまいました。

というか、何故あんな変換したんだGoogle IMEは・・・。


何はともあれ、運営お疲れ様でした。
勝つ気のない動画に投票してくれた皆様、ありがとうございました。せめて単品では裏切ることはなかった事を祈ります。
そして参加者のみなさん。またの機会に集まろうぜ。
2015.09.23 Wed l ニコマス全般 l コメント (0) トラックバック (0) l top
はい、すみません。

出てましたw



前回に引き続きなりすましです。
前回はバレバレだったので、今回はもう少し上手にやってみたつもり。
ガチで優勝を狙って参加してる方には非常に申し訳ないんですが、勝つ気ゼロ。なんというか、予選で大会自体を盛り上げられればそれで目的達成。そんなノリです。

MSCには思い入れがあるんです。
当時全く無名だった自分が、MSC3をきっかけに名前を覚えてもらえるようになって今がある。MSCには恩義みたいなのを感じてます。だから盛り上げたいし、かつての自分のように無名だったり埋もれてたりするPにこそ活躍して欲しい。だからこそ、話題にはなっても勝ち進みはしないような動画を作って参加してるのです。

あ、でも動画そのものはまじめに作りましたよ(後述します)。


話はMSC4開催前、確か2012年の初頭まで遡ります。
ちょうどMSC4の告知があった頃でしょうか・・・東京でdbdbPとお茶をする機会があって、そこでMSC4の話になったんです。

m「俺、勝ち負け関係無しで話題の提供って感じで、『Be Myself』で出ようと思ってるんですよ。草が生えればOK的な」

d「あー、だったら自分も出てみようかな。タクヲPが時報だったから天気予報とかで。4月3日のを録音しておこう」

m「それ面白いっすね。じゃあ次があったら俺も後に続きますよ。交通情報とかでw」

・・・そんな軽いノリから話が始まりました。

んでまぁ、実際にMSC5の最初の告知があったのは2014年の夏頃でしたか。
MSC4は2009年に江頭Pのブログで募集要項まで出たので動画作って待ってたのに、結局江頭Pの手では開催されず別の主催が現れてああいう形になったので、実はかなり相当なレベルでお流れを警戒していたんですが(実際1年かかったしねw)、とは言え狙った素材がいつでも録れるわけでもないのが交通情報。台風直撃が予想された9thツアー最終公演に向かう車中で、何かを予感させる不穏な交通情報を録ることが出来ました。

そんな感じで2014年秋に早々とスタートしていたmusePのMSC5。
ツイッターで既に散々語ってしまったので今更またまとめ直すのもなんだかなーって感じですが、本制作開始後の話をまとめます。

以下格納。
2015.09.22 Tue l ニコマス全般 l コメント (0) トラックバック (0) l top
約2年ぶりのブログ更新です。

MSC5の感想をまとめて記録しておきたくなったので書いてみます。

予選から決勝まで、各段階全作品について何かしらコメントしてますが、必ずしもポジティブな事じゃなかったり、これ作者が読んだら凹むかもなってのもそのままなので苦手な人は回れ右。

では一気に行きます。



A-1
スミマセン、ステージPVとかの、アイドルが歌ってると取れるムービーに男性ボーカル合わせるのは個人的にはダメなんです。
あとシンクロ甘い。
A-2
作者はどうあれちょっと気になる作風ですが、ちょっと弱いか・・・?!
A-3
作者はどうあれええええええええええ?何だこの並び!?でもそこに全ての印象が持って行かれてしまった感もったいない。
A-4
MAD?ではない気がするんですがこれいかに。企画としては面白いかもですが。
A-5
やってることが地味に凄い。が、ネタに走るのかガチで行くのか・・・前者な気がするんですが。
A-6
ニコマス広しといえどこの選曲ができる人はそう居まいw
A-7
なんだこれ・・・!?MSCには必ず1作は出てくる先が読めないちょっとホラーっぽい怪作
A-8
ズルいw
けどゴメン。ネタ系は勝てないのがMSCだと思ってるので。

B-1
A-1と同じ理由で選外。あとちょっとカメラワークのタイミングが良くない気が。スミマセン、PV系Pなので細かい所に目が行っちゃうのです。
B-2
ズルい。私、ステレートのmusePですよ?!投票しないわけないじゃない!
B-3
知らない曲ですが、なんか男性ボーカルっぽいので・・・
でも、映像の繋ぎとかはキレイ。いいとこ行くんじゃないかな。
B-4
元ネタ知りませんが、なんかの音ゲー?それともパイタッチネタ?
個人的に高速シンクロ系は好きじゃないっつーのもあるんですが、ちょっとつかみが弱いか
B-5
あ、こういうの好きなんです。映像的にはシンプルだけど、シンクロはきっちり押さえてるの。
ただB-2と当たったのが最大の不幸。ごめんなさい。
B-6
どうすんだこれw
いやまぁそれ出した時点でネタ確定みたいなもんなので・・・
B-7
コレなんだっけ。どっかで見たことあるような・・・元ネタが思い出せないけど、二番煎じなのはわかる。
B-8
良いのかよオイw
発想は新しくていいと思うけどさw

C-1
あw
それはともかく、エフェクトヘビーな作品は「うっ」となっちゃう私でもすんなり入ってきた。いい作品だと思います。
C-2
帰れw
まぁ、伝統ですよね。最後まで残らなくても、MSCを盛り上げてくれる作品の一つではないかと。
C-3
ダンスシンクロ自体は悪くないがカメラの切り替えが荒削り。もう少し頑張れ。あと、A-1・B-2と同じ理由で選外。
C-4
こういうスーパースローってどうやってやるんでしょ。AE CS6持ってるけど謎。
センスも良いと思うんですが、やっぱりここまでエフェクトヘビーだと「うっ」となっちゃいますごめんなさい。
C-5
シンデレラはアニメ第1期の知識しかないんでよくわからないんですが、きらりのその扱いはきらりP的にはアリなのかどうか。
C-6
うーん、うーん、コメントに悩むw 男性ボーカルを合わせるのは苦手だけど、このまま歌ってるシーンが無ければ問題にはならない。でもシンデレラはよくわからないのでホントに何とも言えない。
C-7
コレまた懐かしい曲を持ってきたなぁ・・・。作風もきらいじゃないけどMSCでは弱いか。
C-8
曲知らないんですが、インスト?だったらどう持ってくのか凄い気になる。ノーマルPVっぽい作りでインスト曲で間をもたせるのってスゲェ大変なので。

D-1
伝統芸その2
良いんです。こういうのは勝ち残らなくても、参加してる事に意義があるんです。ありがとうw
D-2
G4Uだけで1曲持たせる気なんでしょうか。その心意気は良い。
D-3
人気の高い高速シンクロ系。いいとこ行きそうな雰囲気ですが、個人的には人間の動きの限界を超えたような(意図的にやってるんだろうけど、早送りであることを隠さない)シンクロは苦手なので・・・
D-4
なんだっけ。新海誠の『ほしのこえ』でしたっけ。アイマス×ゼノグラシアでほしのこえネタに持ってくんでしょうか。だとしたら買いですが、ネタに転がりそうな嫌な予感も・・・
D-5
伊織の髪が欠けてるのが気になった。あとダンスシーンがいくらでも存在する二人なのに静止画なのにはなんか理由が?
D-6
帰れww
でも伝統だよね、MSCのw 古くは『ピエールとカトリーヌ』(だっけ?)辺りが起源でしょうかw
D-7
作風はあの人っぽい。
でも画質のシャープさとか、それより何よりエフェクトが伊織の顔にかぶるとか、あの人は絶対に妥協しそうにないところが甘い気がする。
D-8
力技すぎるw でもMSCっぽいw

E-1
仕事柄3DCGを扱うこともあるのでMMD作品に対しては無駄に厳しいコメントになってしまうんです俺。ごめんね。
E-2
出たw これも伝統枠。懐かしいんだけど、ただダンスシンクロが少し甘い。
E-3
本来引っかからない作風なんですが、後ろ姿だけで間を持たせた手腕は良い。気になる。
E-4
悪くない。が、カメラワークにもうちょっと手をかけて欲しかった。工夫次第で歌詞はフレームアウトさせられるんだし。
E-5
無印映像に惹かれました。でも人力もうちょっと頑張れそうな。
E-6
素材が懐かしい。あー、そういえばこんなの流行ったことがあったなw コレも無印素材ですね。さりげになにか見えた気もしますがw
E-7
これも伝統芸能枠ですねw
勝てなくても良いんです。こういうのが居てくれることが重要なんです。
E-8
MSCVロゴの背景と化していて最初見落としたんですが、絶対このまま終わらせそうにないあふぅの存在。

F-1
リップシンクなめんなw と思っていたんですが何故そう持ってったw
F-2
老害的には引っかかるティアラネタ。しかし苦手な高速シンクロ系の選曲。迷う。
F-3
上手い。静止画だけでどこまで引っ張れるかお手並み拝見。
でも、ガルパンOPを選んだことに意味が持たせられるか・・・というのが少し気になる。
F-4
ある意味コレも伝統か。面倒くさい系千早PV
F-5
人力だけで持ってった感。映像が弱くないかなこれでは・・・
F-6
これ9割はアイマスネタ無かったよな15秒でw
F-7
凄いことやってそうなんだけど引っ張りすぎ感が・・・もうちょっと手の内見せても良かったかも。
F-8
伝統芸枠来ましたw 次にやよいが来るんですよね?w

G-1
面倒くさい系千早PVその2 さあ、どう持っていく?
G-2
伝統枠ですよねw
G-3
伝統枠ですねw というか、特定しやすくて助かりますw
G-4
!? アリ?! ・・・なんだよな。出てるってことは。
G-5
ほほう?ダンス数の限られるメンバーで攻めてきましたね。どう展開させるのか・・・
G-6
上手い持って行き方してる気がしますが、これも手の内を隠し過ぎちゃった感が否めず・・・
G-7
この組み合わせをやりそうな人を一人知ってますが、作風が違うんだよな・・・でも、普通に気になります。
G-8
10th Anniversaryで恐らく同じDVDから引っ張ってきたアケマスのダンス使いましたが、おっそろしく使い勝手が悪かったのでどう持っていくのか気になります。


SF-A-1
正統派で良いですね。こういう作品が一番好きです。残って嬉しい。にじゅうまる。
SF-A-2
もはや隠す気なしw
SF-A-3
あー・・・やってしまった。男性ボーカル・・・
SF-A-4
予選で気になったダンスシンクロの甘さが悪い意味で目立ってしまう方向に・・・
SF-A-5
面倒くさい系千早PVは残ってきましたね。しかも引きも上手い。
SF-A-6
おお、残った。丁寧な作りなんですがMSCで残るのは難しいかと思ってた
SF-A-7
どうなんでしょう、どうなんでしょう。まだ老害を惑わせる。
SF-A-8
絵作りやシンクロのセンスは良い。だけど男性ボーカルで「うっ」となるんです私。
SF-A-9
うーん、先が見えちゃってるだけにこの先は厳しいか。

SF-B-1
技術面、センスでは見るべきところがあるんでしょうけど、くどいようですがエフェクトヘビーすぎる画面と高速シンクロ系は「うっ」となってしまうので・・・
SF-B-2
ネタへ転がるか、ガチで行くのか、まだ見せないw
SF-B-3
予選でも書きましたが、仕事柄MMDにはどうしても厳しすぎるコメントが出てしまうのです・・・
SF-B-4
こっちは残りましたか。うーん、どーも伊織の顔が隠れるカットがあるのが気になっちゃうんだよな。今回だと2:01~03・・・
SF-B-5
カメラワークをもうちょっと工夫できれば化ける。UPはともかくMIDやLONGカメラなら歌詞をフレームアウトさせる位出来るのに・・・
SF-B-6
残ったかw
予選に比べると次への引きが弱いか。出し尽くした感。
SF-B-7
残ったなぁ。だったらもう最後まで走りきって欲しい。
SF-B-8
静止画MADとしてはかなりいい作りしてると思います。
ただ、どうしてもガルパンとの関連性が欲しくなってしまうのですがw

SF-C-1
後ろ姿で見せてくれたあの動画がどう化けるか・・・と思ったのですが、ちょいと引っ張り過ぎか。
SF-C-2
だからね、私はステレートなmusePなんです。こういうの持ってこられたら投票するしかないんですよw
SF-C-3
エフェクトヘビーなのが苦手な私でも、コレは化けたな・・・と思わされました。
SF-C-4
この先を考えると前半のMCがちょっと冗長というか、もったいなくなっちゃったな・・・
SF-C-5
うーん、ちょっと自分には評価しにくい作品。センスは良いと思います。
SF-C-6
『ほしのこえ』をモチーフにガチに行くのかと思ったら、どうやらネタに転がる模様w
SF-C-7
残ったのはこっちでしたか。でも30秒になって印象は良くなりましたね。
SF-C-8
コレ気になるんだよなぁ・・・スゴく気になる。SF-C-2と当たらなかったら投票してたかも。


Final-1
残ってきましたねぇ。ただ、細かい所にエフェクトの種類に困った痕跡というか、画面を動かし続けることへの疲れが見えてるカットが出てきました。でも全体の印象としては悪く無い。走りきって欲しい所。
Final-2
老害的には気になるティアラ。ただ、後半の『打ち破っていく』演出はちょっとどうなのと思っちゃいました。てっぺん取れるのは一人だけの世界なんだけど、そこまで直接的な描写はしてほしくなかった的な。
Final-3
絵作りは上手い。繋ぎも上手い。センスは良いと思うけど、選曲が個人的に苦手なところへ行っちゃってるのが・・・
Final-4
どうなんだ。細かいアラが気になるって事はそれだけ良い作品なのか。ただ、C-1の印象がどうしても強くて、伊織スタイリッシュ枠ならC-1の方が惹かれるものがあったんだ。
Final-5
大事な敗者復活票がそれで本当に良いのかお前らwwww
Final-6
ドールオーナーとしては、これがここまで残るという事が奇跡。最後まで残る所を夢見てもいいですか?
Final-7
と思ったらコイツが控えてた。凄い悩みますが、ここまで応援してきたけど、ちょっとだけ、新しい世界も見てみたいのです。
Final-8
残ったなぁ。引きはうまかったということか。曲の元ネタはわかりませんが・・・でも、どうやって落とすんだろ。まさか元ネタと同じじゃないよね?w
Final-9
出たな、評価に困る作品w



・・・さて、優勝はどの作品になるのでしょうか?
2015.09.08 Tue l ニコマス全般 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。